新着Pick
600Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
興味ある内容。
まさしく 私も体験し実践してきたことです。 米系外資金融企業で、日本人が大人になってから習った英語では ネイティブと互角に話すことは無理でした。 でも 私の中国人の上司が「僕の英語も彼女の英語もファニーかもしれないが、それに慣れてくれ」と大きな国際会議で言ってくれました。 「フランス人やドイツ人の英語に君達は慣れているでしょ。 今まで日本人の英語を聞く機会がないから、慣れてないだけさ! 私の中国訛りの英語にはもう慣れたよね!」と言って多くな拍手をもらいました。
この行動こそ 私達が目指したいことです。 
シンプルにジョークを入れて はっきり伝える。 
難しい(できない発音)の言葉は言い換えて使う。
人間関係を築いて、サポートをもらう。
フィードバックを求める。
などなど。
できないことを嘆くより、どうしたら目的を達成できるのかに時間を使ってはどうでしょうか。
全く同感です。私がMBAで一番考えたのは英語をできるだけ短くするように本当に何を言いたいか突き詰めることでしたし、アメリカで教えているときは「このクラスは英語を教えるクラスではないから完璧ない英語の欲しい人は別のクラスを取ってほしい。ただ、戦略を学びたい人にとってはとても有益である自信がある」と言い切っていました。英語ができないことではなく、英語ができないことで消極的になったりすることが問題なんだと思います。
語学は完璧ではなくても良いという点は同意です。発音などに過渡にこだわると内容に集中できなくなるからです。
私が働いている世界銀行グループでは170カ国以上の国の出身者がいるので英語を話していても何が正しい発音なのか正しい英語なのかわからないぐらいです。ネイティブだとしてもインド人もいればスコットランド人もいるからです。そこで見えてきたことは、①発言は内容がすべてということ②他人の意見を理解し尊重する力(但し無条件に受け入れる訳ではない)、③コンセンサスを醸成する力が大事だということです。
スピーチ大会ではなくビジネスなので結局は物事を動かせるのかどうかだと思います。
すごく良い記事!完璧を目指そうと細かいところにこだわり、何も言えなくなる方が多いですが、結局のところ会話とは耳が相手の口からでてくる文章の中からキーワードを拾い分けているだけのもの。簡潔に話すことでキーワードを見分ける手間がなくなり、効率もUPします。

発音については、どんなに苦手でも耳を日頃から鍛錬することだけは諦めてはいけないと個人的に思います。ニュースを英語で流したり、映画を字幕で見たりするだけでもOK。「成功者にも色んな発音の人がいる」のは事実なのですが、ビジネス場面でなめられないためにも、ある程度の発音はあるに越したことはない(日本人であればなおさら、発音が良いと強い印象を与えられる)、という意見です。
凄く共感できる…。"できない"を前提とした思考や行動に切り替えることはとても有効だと個人的に思う。竹崎氏が言われる通り、英語は、出来た方が良い。これは皆が理解していることだが、ネイティブレベルを求められている仕事って、実はそんなに無いと個人的に思っている。実際に、私の仕事は、半分はグローバルと関係する仕事です。自身の意見を明確に自身の言葉で伝えることが出来ることが何よりも大事であり、実践されなければ、ビジネスパートナーとして認められない。日常会話と異なり、ビジネス上は、やはり、"数字"がUniversal Languageになる。現在の状況を幾ら言葉で説明しても理解されるまでに相当な時間を要するが、数字は、私の代わりに説明してくれる。like this…で意図は十分に通じる。もちろん、事前の準備は、英語だろうが、日本語でも必須なのは言うまでもない…。備えあれば憂いなしである。これは、普遍的なビジネスルールですね。
発音は語彙は、ネイティブでないと完璧になることは、かなり困難ですね。

究極の選択で「スキルか英語か」ということになると、この記事に書かれているように「スキル」でしょうね。

ただ、それは「ある程度の英語レベル」であることが前提条件です。

こういった記事に登場される方々は、結構、謙遜されている方が多く、話をしてみると「えぇ?これで?」と思うくらい普通に英語を話される方が多いと思います。

「一定レベルの英語」…定義は難しいですが、それさえあれば、それ以上の改善は必ずしも必要ではないということでしょうね。

わかりやすいのは、あなたが、日本語を話す海外の人たちと仕事をやる場合に、どこまでのレベル以上になれば、ストレスなくできるか?ということです。

それを自分の英語レベルと比較すれば「一定レベルの英語」の感覚がわかると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
完璧をあきらめる。単語制限、簡易短文。チャット活用して読み書きで伝える。ぼくもそうです。参考になります。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。 ウィキペディア
時価総額
156 兆円

業績