新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
誰しもが必ずしも良好に気の合う人同士ばかりではないですが、必ず一緒に進めていく人それぞれに強みがあり、結果を一緒に出すための貢献があります。この強みにフォーカスして、その方にその強みをフィードバックしてまた感謝をお伝えすることが、相手を認めることにもつながり、双方で良好な関係となるかと思います。
気を遣うというとなかなか双方の信頼関係までたどり着けるかはありますが、相手へ対しての'心遣い'を表し、ちょっとした連絡をするは意識したいですね。久しぶりにメールやお手紙など届いたらこちらも嬉しいですしね。
思い込みをなくし、画一的に考えない。

そして、気をつかわなければと、無理しないことですね。型にはまった気づかいは、逆効果になることも。

価値観の違いを認識するなど、普段から相手が嬉しいポイントを把握できるように、観察して受け入れる柔軟性を持ちましょう。

自然な嬉しさを共有したいですね。
"気遣い"という言葉には、ネガティブな側面もあることを考えると、心地良いと思う人は残念ながら多くないと思う…。仕事での良好な関係を構築する上で最も大切なことの一つとして、自身の仕事に結果責任を持つことだと思う。その上で築かれる信頼があってこそ良好な関係が成立する。相手の期待に応え続けることは、自身が思っている以上に、自身の"信用貯金"に影響を持っている。個々人の"強み"をお互いに認め合い、一人では決して成し遂げられない大きな仕事に挑戦していける関係性を作っていきたいですね。他者から学ぶことは、本当に多いですから…。
テレワークになり、理解しようと心がけてる姿を見せることが1番大事かと思ってます。

2つとは少し違いましたが。

相手を認める、は近いかもしれませんが、認めるという上からのスタンスが少し違う気がしていて、横から理解することだと思います。
気遣いができないのですが、この記事を見て理由がわかりました。
「自分がうれしいと感じること」を相手にする
嬉しい感覚が多分人とずれている。なので自分が嬉しいことと他人が嬉しいことをチューニングするところから始めねば..