新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ピュア電気自動車(BEV)分野で収益を上げているメーカーは、排出権取引きで稼ぐテスラぐらいでしょうか。
今は政策的に「ピュア電気自動車推し」の市場対応が必要だから最終製品としてのBEVを作っている側面が強いように思います。バッテリーのイノベーション待ちもそうです。その点で記事は正しいと思います。

それでもBEVを市場に出さないと消費者ニーズは取れません。販売と生産ノウハウを得られない。ここが難しいところです。

A地点からB地点まで快適に移動する目的が、ドライバーからパッセンジャーに変わりつつあり、やがてはクルマが移動だけでない役割を担うようになることが明白な今、クルマメーカー生き残りの条件が変化していることだけは間違いありませんね。

クルマメーカーのライバルはクルマメーカーにあらずということです。
証券会社のアナリストでも、テスラの強みを知らないのだろうか。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.5 兆円

業績

時価総額
8.63 兆円

業績

時価総額
71.0 兆円

業績

フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。傘下であるポルシェをはじめ、傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績

関連記事一覧
関西人の間で「知らんけど」が流行るワケ。日本語研究者に聞いてみた
日刊SPA!
170Picks

すでに日本車は競争相手にすらならない……トヨタ越えを果たしたテスラが中国市場でも断トツ 電池もパナソニックから韓国LGや中国製に切り替え独走態勢の予感(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline)
Yahoo!ニュース
30Picks

中国の介護業界で「日本の映画」が大絶賛され、参考にされている理由 - DOL特別レポート
Diamond Online
15Picks

日本車があぶない!:日本車メーカーを尻目に、VWがEVに全フリして結果を出しているという、EV否定派には嫌なニュース | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
13Picks

もうかるEV・電池・モーター:乗ってみて分かった、テスラ「モデル3」が「日本車を駆逐する勢い」の本当の理由 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
12Picks

EV電池生産、欧州が本腰のワケ 日本にちらつくDRAMの苦い過去
日本経済新聞
9Picks

EV電池、欧州が本腰 日本にちらつくDRAMの過去
日本経済新聞
9Picks

日本経済が行き詰まりの状態を続けている二つの大きな理由
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
8Picks

テスラ車は本当に安全なのか?シートベルト固定されてない、ボディのチリ合ってない
ビジネスジャーナル
8Picks

米GM“全面的EVシフト戦略”の最初の一歩が、2022年デビュー「ハマーEV」である理由
Business Insider Japan
8Picks