新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私はワールドカップからラグビーの試合をスタジアムに見に行くほどラグビーにハマったのですが、今回の天理戦を見てやっぱり天理は強かったと思います。

外国人選手が多いことを非難する声を多く聴きますが、それはルール内で行ったことなので何の問題もないと思います。
ビジネスだってそうだと思うのです。日本製のパソコンだけで売り上げが立っていないと言って非難する人はいないのと同様でみんな外国製のパソコンだったりスマホを使って仕事をしているのでルールの中で勝つ事は何の問題もないと思います。

現に伝統校である慶應も外国人留学生の部員もいます。
天理大学が関西勢のとして、1985年の同志社大学以来36シーズンぶりの優勝。

天理大学のアタックでのスピード、ディフェンスでのシャープなプレッシャーからなるテンポのいいラグビーはファンを魅了する、見ていて本当に楽しいラグビーです。

そんな天理に対して賢い早稲田はかなり研究、対応してくると思っていたんですが、80分間を通して天理のフィットネスが落ちず、流れも天理が握ったままでした。

今シーズンは高校チャンピオンの桐蔭学園、大学チャンピオンの天理、ともに本当に強かったですね。コロナ禍で十分な準備ができなかったとは思えない完成度の高さで頭ひとつ頭抜けていた印象。

ちなみに、36シーズン前に平尾誠二さん擁する同志社が優勝したときはノーサイド直前、慶応が同点トライ(ゴールポスト真下のトライだったのでゴールで逆転することが確実視されていました)と思いきや、レフェリーによるまさかのスローフォワードの判定。

疑惑の判定は今でもラグビーファンの間で語り継がれています。
前半から天理が圧倒していました。FW中心に集散が早く、スクラムも強力でした。85年の平尾、大八木がいた同志社3連覇以来の関西勢優勝は、他の大学の刺激にもなると思います。
天理初優勝おめでとう。
関西勢として36年ぶりの優勝
天理55ー早大28 攻守で圧倒していた。
報道では外国人選手の活躍が目立ってしまうがチームとしてタックルからのターンオーバー、ペナルティー、パスミスの少なさでデフェンスで早稲田を圧倒していた。

オフェンス面でも止められてもオフロードやバックフリップパスで繋ぐラグビーが最後までできていた。
個人的にはスクラムハーフの藤原くんの技術、判断力が光った。

早稲田はミスが多いのとフィジカルで負けていたと感じました。

今期はどのチームもコロナの影響を受けたと思うが試合後の松岡キャプテン
の魂の叫びのようなインタビューを見て感動して泣きそなほど感動したし、このリーダーだからこそコロナ禍でもチームワークを上げてこれたのだと理解できた。特に試合に出れないメンバーへの感謝と心遣いに自身も助けてくれている仲間への感謝が足りないと見返る事ができた。

点差はついてしまいましたが早稲田のアタックに見所沢山ありましたので
来年の活躍を祈りたい。

最後にこの状況下で現場で観戦できたこと。関係者の皆様に心から感謝を申し上げたい。お疲れ様でした
早稲田を応援してましたが、結構差がつきましたので、素直に前家を納得できる試合でした。
早稲田は来年も主力が結構残りますし、有望なルーキー達も入部するようですので、来年に期待したいと思います。
【スポーツ】早稲田が弱いなんて全く思わないけれども、今年の天理は本当に強くて、準決勝の明治戦で圧勝したのを見て、ほぼ間違いなく優勝すると確信していた。一つ一つのプレーが本当に丁寧で、フォワードとバックスが一体となって確実に得点上げるという堅実なプレイだった。松岡大和キャプテンのインタビューは彼の素直さがすごく出た良いインタビューだった。
天理は前半から強かった。一気にゲームを決めるような形になりました。流れができてしまうと、なかなかそれをひっくり返すことが難しいというのを強く感じる一戦でした。本当に久しぶりに関西勢が優勝したことは嬉しかったです。ラグビーは東、アメフトは西というのが基本ですが、久しぶりに両方の学生チャンピオンが西側になりました。