新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
亡くなった人との別れは本来、極めて私的な時間・空間です。しかし一時に多くの人が命を落とすような災害の現場では、そうした別れの時間を持てない状況が起きます。「遺体との最後の別れをかなえるかどうか」。10年前の東日本大震災で、数百の遺体に数人で対応することを迫られた葬儀会社の社員が、当時から今も続く迷いの心の内を語りました。
関連記事一覧
サッカー元日本代表が工場に 「今、シャッターを作っています」
毎日新聞
3Picks

【最新版】今からマイナポイント申し込むなら結局どこが一番お得なの?
ビジネスジャーナル
3Picks

「打ち手は無限大にある。でも今はそれが見えてないだけ」 経営者の危機を救った言葉と価値観
ログミー
2Picks

【MLB】ダルビッシュ「今が一番いいんじゃないかな」 OP戦2回4K発進、肉体作りにも変化
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【MLB】前田健太、5回3失点で3勝目はお預け 長袖で対策も「正直、今の不安は寒さだけ」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

アルテタ監督、EL6戦全勝もすでにリーグ戦に集中。「今、ELについては忘れる」【EL】
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

昔『SAY YES』今『うっせえわ』 「恋愛ソング」逆風説
日経ビジネス
2Picks

ヤクルト、“FA組”山田哲人&石山泰稚と契約合意 ともに権利行使せず残留、山田哲「今までで一番悩みました」
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

withコロナ時代の観光戦略 番外編 ~インバウンドの今後を見据え今やるべきこととは~
やまとごころ.jp|インバウンドで地域を元気にするメディア
2Picks

高校生たちが“人命救助や遺体搬送” 震災直後の手記
NHKニュース
2Picks