新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見出しで期待したのだが、すでにあるオフィスコンビニやコンビニ自販機の話中心。
これらは、オフィスのある階を狙うような極小商圏。ドコモがやろうとしているものは、オフィスコンビニがロックなしでも成立していると思われることを考えると、むしろ退化していないかと感じる。また、このような極小商圏は、例えば大規模ビルでお昼のエレベーター待ち・コンビニの長蛇の列という不便を解消できるもの。ただ、今はコロナで以前よりこの不便は減っていると思う。そのタイミングなので、なんだかなぁ…
効率を上げるには、既存の店舗フォーマットの無人化・省人化が重要。今まで広がっていなかったセルフレジが、非接触含めて急激に最近広がっているのは興味深い。一方で、レジ待ちがあってもセルフレジにはいかない人も結構多いと観察している限りは思う。
セブンは既に500ヶ所で展開していますが、今後は5年で1000ヶ所に増やす計画。学校・オフィス・病院など施設内展開が前提で運用は近隣店舗に。今後密度が高くなると、本部×無人店舗比率が高まるかも注目しています。
自販機がならぶ無人店は、収益性がけっこう高いと見たのだろうか。
セブンがすでに類似業態を500か所設置済とは知らなかった。

「カップ麺、電池など約50点の商品を入れた自販機を21年上期に首都圏100カ所で展開する。」
「自販機には、あらゆるモノがネットにつながるIoT機器を搭載し、高速通信規格「5G」のネットワークも活用し、遠隔で開閉や在庫の管理、温度調整をする。」
「利用者は専用アプリを使い、スマートフォン決済やクレジットカードで支払う。」
「ドコモはカップ麺、電池など約50点の商品を入れた自販機を21年上期に首都圏100カ所で展開する」
コロナ以前から無人コンビニなどテクノロジーの進化により、新しい店舗が展開され始めていましたが、コロナ禍で一気に加速しそうです。
参入って・・・(笑
ムリヤリ感満載だし、スピード感、規模感がなぁ。
今更自動販売機というのも・・・
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.73 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績