新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LNG不足が大きな要因。
LNGの世界の生産量は年産約4億2600万トンでありその内約2割弱にあたる7700万トンが日本向け。昨年夏以降、米国、マレーシア、豪州など各地でLNGの生産トラブルが続いていて生産キャパシティ約1億トンのプラントが影響を受けている(この内全てのトレインが影響を受けているわけではないですが)

またLNGは市場が世界で分断されているので各地域で需給が異なることから余裕のある地域からの早期の融通を期待したい。

下記の記事にプラント事故の詳細が載っている。

https://oilgas-info.jogmec.go.jp/info_reports/1008604/1008920.html
季節と曜日の影響も大きい。下記の関電のページがイメージとして分かりやすい。夏>冬、平日>休日。寒波が来ている中で、コロナで一定の在宅勤務もあると、オフィスも家も暖房、となりがち。
https://www.kansai-td.co.jp/denkiyoho/reference/daybyday.html

下記サイトが各電力ごとの使用実績と想定供給力が当日・前日・過去一か月で分かりやすい。
http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/energy/electrical-japan/usage/3.html.ja

なお、本件数日前からNPで話題になっており、下記も併せてみていただきたい。
日経COMEMOでの竹内さんの記事が、NPで盛り上がり、日経本紙から記事が出て。でも今日の夜にラジオでNHKのニュースを聞いていたが、コロナや寒波の話はあったが、電力需給の話はなかった…まだあまり報道されていない印象。
福山さんがコメントされたリ(有難うございます!)、下記でもコメントしたが、北海道での震災直後の系統ダウンのように、一度需給制御が崩れると回復が極めて大変。早めの節電呼びかけとそれによるピーク抑制でどれだけ抑えられるか。必要であれば、震災直後のように短時間でも地域単位での計画停電なども必要になってくるだろうか。
https://newspicks.com/news/5523020
エアコンは、東京の場合、夏より冬の方が電気使うんですよね。

消費電力は外気温との差に比例しますから、夏場に34℃から24℃にする(10℃下げる)のと、冬に4℃から24℃にする(20℃上げる)のでは、消費電力がほぼ倍違います。

かといって寒いのは健康に良くないので、悩ましいところですが、せめて室内でも厚着を心がけています。
コロナ対策で「換気」をしているところが多いので、その分暖房のための電力を使う所が多いと思われます。

企業がテレワークや在宅勤務を推進してオフィスの電力を使わなかったり節約すれば、ずいぶん違うと思います。

その分家庭での電力消費が増えるかもしれませんが、差し引きすればやはりオフィス等の電力消費の方が多いのではないでしょうか?
コロナ禍では、特定のクラスターを叩く「ゾーンディフェンス」を採用し(そして、失敗し)たのに、電力不足は「ゾーディフェンス」ではなく、「マンツーマン」を採用したのところが腑に落ちない。

電力消費の多いところを叩かず、「ちりも積もれば山となる」式の戦術は正しいのか?

扱い易いところばかり攻めるのは、抵抗が少ないからだろう。組織は常に弱い環から壊れはじめる。国民は疲弊する。
電気事業連合会が電力需給の逼迫を受け、家庭や企業などに節電への協力を呼びかけることになったという日本経済新聞が報じています。

すでに電事連からはリリースが出ていますし、電力個社も同様のリリースを出しています。
(確認できた範囲で東電、北陸電、九電、中国電、関電.....四国電も追記)
電事連
https://www.fepc.or.jp/about_us/pr/oshirase/__icsFiles/afieldfile/2021/01/10/press_20210110.pdf
ご参考に、東電
https://www.tepco.co.jp/pg/company/press-information/press/2021/1569577_8616.html
ついに...年末から電力需給の逼迫が伝えられていますが、電力会社からの節電の呼びかけは難しかったのかなと。その気持ちもわからなくはないですが..
ラニーニャ現象おそるべしです。
再三指摘させていただいてますが、特に豪雪地域では、平成18年豪雪の時のような被害にならないようにぜひともお気を付けください。
家にある毛布を全部寝室に出して、万が一の停電には備えています。
なるべくエアコンは使わないように。
ただ、石油ストーブを使えないので、どうしても電気に頼る生活です。
家庭での電力消費量が増加してきたため、大雑把に言えば、家庭用、業務用、産業用の電力が、1/3ずつという比率です。

以前のように、産業用が支配的であれば、節電要請で、ある程度コントロールできますが、一般家庭用が増えてくると、それが難しくなりますよね。

この状態で「クルマの脱ガソリン」を強行した場合には、自工会の豊田会長が言われていたこと以前に電力需給が破綻することが見えてきた感じです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
やはり過度に原子力発電を怖がってしまった影響ですね。再稼働を早めるべきだと思います。