新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>小売業者は今後、オンライン広告枠を「買う」のではなく「販売する」ようになっていくだろう
というフォーブスの予測に同意。
そして、小売業の宣伝担当経験者としていえるのは
クライアントとして広告代理店の提案に従いバジェット調整して広告枠を『買う』仕事は誰にでもでき、なくなる仕事。
小売業にいながら広告枠を『売る』仕事は誰にでもできる仕事ではなく、廃れない仕事。
必需品となるものが変化した一年。
マスク、消毒、巣ごもり消費。環境負荷を考えた消費。危機感が後押しした商品の数々がある一方で厳しくなってくるものもあった。
その中でオンラインでの商売も多様になってきたのも特徴で様々なプラットフォームやサービス台頭してきた。
今やインスタが売り場になる時代。
価格競争に陥ることなく差別化を図る。リアル店舗の販売員や売り場VMDサービスの力に比べるとオンラインでは難しいことではあるが。
でもそこに挑戦していかに消費者からの共感を得られるかが鍵。
小売業界は変化のスピードについていくことと自社の特徴をどう色濃く打ち出していくか、リアルとオンラインの融合が鍵。
コロナ禍となり小売業のほとんどがデジタル化を進め特に2020年はeコマースに力を入れた年であったのは世界中で起きた事だ。ウォルマートは昨年より以前から金融、広告、健康で成長する事を掲げており既に物を売る事で成長すると言わなくなってしまった。これはウォルマートだけで無く顧客数の多いSC系の小売は日本も漏れなくそうなるだろう。反対に人の関与度の高い高級品に近いものはより顧客のデータとテクノロジーでパーソナルな買い物へ移って行く。アカウンテリングと言われるような店員をいかに効率的に顧客への販売を手助けし成果をよりあげれるようになるか。が今年はさらに進んでゆくだろう。大元となるのは顧客データだ。ただし日本も含め個人情報の利用はより厳しくなって行くので、とにかく顧客に好かれる企業を作る事が実は一番大切なのです。
全ての小売業はメディア化する流れ。

"フォーブスの予測:小売業者は今後、オンライン広告枠を「買う」のではなく「販売する」ようになっていくだろう"

リアル店舗も同じ流れになり、国内だとトライアルがAI×小売にチャレンジしてますよね。

参考

小売再生――リアル店舗はメディアになる
https://amzn.to/3nDLvRu

リテールAI最強マネタイズ
https://amzn.to/2LaJH5f

カナダ人ファッションデザイナー、オーロラ・ジェームズが打ち出した問いとアイデアが好き

"売り場面積の15%を黒人所有ビジネスの製品に提供すれば、黒人が人口に占める15%という割合を、適切に表現できるのではないか?"

売り場を通じて社会へメッセージを発信できるブランドが選ばれる時代
トイレットペーパー、ライブコマース、Shopifyに日本も同じようなニーズだったと思います(ライブコマースは日本の場合は、一歩手前のライブ配信が主流ですが)。
最後の小売業の広告配信に関しては、すでにウォルマートでは事業の一端を担っていますね。一方で、Google、Facebookは独自の場や機能をコアコンテンツとして広告でブランドを消費をしている構造でしょうが、小売やブランドが単に広告配信をしてしまうとブランドの消費が早まるだけでしょう。中長期的なLTVのためにコンテンツやサービスを提供するか、足元の広告配信をするかを考えていく必要がありそうですね。