新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本も人材不足ではあるし、ロボットも開発もされてるが、スペースの制約と価格、人間のスタッフさんには万能な仕事を期待されてるところから費用対効果としてはなかなか導入は進まずと言ったところ。

一方、記事にあるアメリカはベンチャー企業への投資金額も大きく安い費用での実証実験に耐える期間も長い。また現場のお店のジョブ型雇用を考えればロボット導入はあり得る話なので一概には日本に当てはめるのは難しいかな

とはいえ、日本にあうスタイルに持っていけるはず。
サービスロボットの業界は投資不足と実証実験ばかりでPMFが進まず、中国韓国に比較してすでに10年以上の周回遅れ、自分たちも頑張らねばさらに世界においていかれちゃいますからね。
外食産業の労働者不足、ブラックな働き方をロボットを導入することによって改善されるのは良いことだと思ってます。

視察にいきたいですねー
ロボットシェフは料理人の代替です。人間と共存するロボットとして開発されています。なので、本当に必要なのは、料理を完成させるロボットではなく、下拵えするロボットのように思います。(チェーン店だと工場で一括下処理した方が効率的だったりしますが)
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア