新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東日本大震災の教訓から生産や認証のリードタイムの長い半導体の様な部品はJITをやめて長期の在庫を持つように変えてきた。
今回の半導体不足はコロナ後の経済回復の力強さを読み間違った半導体生産側と、想定以上の新車需要増大、在庫再投資を受けた需給バランスが崩れたことで生じている。そこに昨年10月の旭化成工場火災が追い討ちをかけた。
半導体不足によるサプライチェーンの混乱はこれから本格的な拡大に向かう公算。1-3月は在庫がまだあるが、4月以降は見通せていない。
ただし、新車需要はこの先回復ペースが鈍化し、代替生産体制も整って来るので時間の問題で正常化に向かうだろう。それまで工場が停止するような混乱を避けるべく、まびきながらも生産を継続することが肝心だ。その後の挽回生産も含めて、経済的損失の多くはリカバリーが可能だ。2011年のルネサスの時も4月の混乱開始から9月までにほぼ正常化している。
旭化成(下記)かと思ったが、違うのか…
2020年上期にコロナで需要見込みが変わり、受注を減らしたところで、リモート需要や在庫サイクルが早い電子機器のほうがキャパ確保をして、車載向け半導体への振り分けが十分でなかった、ということに記事を読む限りは見える。全体の稼働率は分からないが、タイムラグなのか構造的に需要に対して不足しているのかで、今後の動向も変わろう。
1月の4000台というのは、記事にある要因より個別モデルでの特定の半導体、という規模。ただ、それ以降に数万台/月というレベルの影響度は、全体的な話。
https://newspicks.com/news/5502878
中国で先に影響が報じられていましたが、日本国内での製造にも波及することに。

中国経済誌「財新」が報じていましたが、
・スマホなど他の用途が好調で車載用が買い負けた
・車載用半導体は一世代前の8インチウェハーの製造ラインで作られている。すでに投資が止まっているため、需要増にあわせて生産拡大ができない
という構造的な要因が指摘されています。

5Gスマホ販売増加で自動車産業に思わぬ苦況 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/394852
昨年10月に火災が発生した宮崎県延岡市の半導体製造工場の復旧に少なくとも数カ月かかるとの報道が出ていたが、直接的には、おそらくその影響。このような場合、自動車工業会が主導し、代替生産に向けて他の半導体メーカーに自動車メーカーの技術者を派遣し、強力にサポートし、比較的短期間での回復を目指すそう。震災時のルネサスの時もそうであった。
自動車業界が、半導体で「買い負ける」時代になったということですね…これは衝撃です。

ホンダ、日産の記事はありますが、トヨタはないということは、トヨタは、まだ「買い負ける」ことはないということなのでしょうか?(仮説)

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
そりゃ半導体メーカーの業績もいいわけですね。
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.47 兆円

業績