新着Pick
526Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Twitter側としてもどちらに転んでもリスクがある難しい判断にもかかわらず迅速で果敢な対応。いくつかの仮説シナリオで予めリーガルスタッフを交えて用意していたものでしょう。
つまり、本件につき無為無策のまま放置することにより新政権や民衆から咎を受ける事と、トランプからのそれの天秤、という見方もあるでしょう。

突き詰めると、トランプはTwitterを大統領の公式発言の道具として会見よりぶら下がりより最も頻繁に多用していたわけで、ここまでの国家転覆罪的所業に直接の罪が問われるか否かは置いておくとして、それを煽る道具として現在進行形で使っていることは明白である以上、Twitter側の少なくとも緊急の対応としては妥当に見えます。
パーラーが驚くほど急速に普及していますが、ツイッターの情報拡散はいまだトランプ支持者にとっても重要。その意味で緊急事態を収めるため、この決定は大きいと思います。
大統領就任式を前に、大変混乱した事態です。直前の集会で、議事堂へ向かおう…と煽ったトランプ氏の責任は大変重いと思います。分断、ここに極まった感があります。コロナ禍での、この混乱と密集も信じられない光景で、とても残念でなりません。
「言論の自由の封殺だ」という当然起きうる批判にも耐えられるだけの理論武装が求められる、非常に難しい判断だと思います。現職大統領のTWという影響力の大きさ、放置しておくことで起きている(また今後起きうる)問題の深刻さを踏まえた判断でしょう。
トランプが絶対に間違っている、というエビデンスはTwitter社は持っているのだろうか。そして持っているならば開示すべきだし持っていないならば言論の自由に反する。この論争の問題は正しいエビデンスを双方が出し切れていない事だが、お互い信者が居るのでバイアスが掛かった状態で行動してしまう。ベストセラーの「サピエンス全史」にあるが、信じるという行為はヒトならではの行動なのでもう止められないよなぁ...
トランプは放送品位法の230条も撤廃して、SNSに介入しようとしたが議会はそれを認めなかった。それが通っていたら、こうしたツイッターの措置も取れなかっただろう。もっと早くやってもよかったと思うが…。
民主主義はこういうトップを選んでしまうリスクを孕んでいます。無能な働き者が1番迷惑、とクラウゼビッツが言っています
トランプが新聞記者だったとして、今までTwitterに書いて来たような記事を書いたらほぼ全てデスクにボツにされているでしょう。ということは凍結は妥当だと思います。
彼のTwitterはその公的な地位も相まって、マスコミと同じような影響力を持っているわけですから、同じようなチェックを受けたジャーナリスティックな運用がされて当然かと思います。
スパイダーマンで「大いなる力には大いなる責任が伴う」という名言があったが、権力者であるトランプ氏は影響力の大きさゆえに言動には慎重になったほうが良いですよね。当たり前のことですが、なかなか治らないので凍結は致し方ないのかもしれません。
私は、既に削除されてしまったツイートはTwitterでは読んでいませんが、これらを含めて6日のトランプ氏の全てのツイートを読んで、これが世界一の大国、民主主義国家のアメリカ大統領から発せられたものであるとは信じたくないくらい酷いと思います。

議会で選挙人投票結果を承認するセレモニーではありますが、厳粛な日であるべきです。

今まで、これはトランプ氏だから…となんとなく容認されてきたことの積み重ねがこうなるとは。

慣れとは本当に怖いものだと感じます。Twitterのようなツールが、当初の目的から離れて一人歩きしてしまい、これを実現した訳ですから、Twitterとしては、強い姿勢で臨むのが適切なことなのだと思います。でも、蛯原さんがコメントされているように、難しい判断だったと思います。