新着Pick

フェイスブックが「VR」に力を入れまくる理由

東洋経済オンライン
――オキュラス・クエスト2は先代機からどのような点が進化しましたか。まず先代機と同様に、上下・左右・前後の6方向に自由度がある作り(スムーズに空間認識し、不自然なゆがみが発生しない作り)になっている。…
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FacebookがVRに力を入れまくる理由は明確で次世代のコンピューティングプラットフォームだから。2Dのスクリーンに閉じていた時代は終わる。目とネットが直接つながって空間全てがディスプレイになっていく。 VR is Now!
Oculus quest2,価格も手頃でそろそろ私用で買ってみたいなぁと思っているのですが、多分今の状況では奥さんを説得出来ません。結局のところ、私のようなレベルのブレーキがかかる人が、買ってもいいと思える何かを提供できるようになるかどうかが、アトラクション的な使われ方から、一般への普及へと切り替わるポイントだと思うんですよね。少なくともSwitch以外のゲームハードを買わない我が家では、ゲームコンテンツの充実はそこには繋がらないですね。
Oculusに加え、スマートグラスも投入するというフェイスブック。VRARハードのスタッフは6000人という本腰の入れようです。マイクロソフトがXbox、グーグルがアンドロイド端末とソフト会社がハードに入ってくるのは、デジタル屋の本能というか、性なんですかね。
今年辺りからVR含めた仮想現実と個人データ保護の話も始まってくると思うので、事業者も対策が必要になるかと思います。

仮想現実世界で起こりうるプライバシーリスクと求められる事業者倫理とは?
https://note.com/marketingoversea/n/n99a1d73ef8e2
VRはゲームなどの没入体験には、とても向いていますが、視野が限定されてしまうので、安全確保のため活用できる場所が限定されます。

そう考えると、座った状態でVR会議といったようなことは実現できますが、立って移動しながら…というのは難しいですね。

Oculusが高性能化、低価格化すれば、ゲームでの展開が一気に進むでしょう。

その他、一般用途に関しては、VRではなく、通常の視野もあるARでしょうね。

そちらに関しても、facebookがARグラスをリリースするという記事もあります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ここではまだ当分はハードの時代ですねぇ
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
78.4 兆円

業績