新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的な感覚ですが、Facebookのページはあまり活用されていなくなってきているのではないかと思います。ブランド企業は企業ページよりはInstagramの方に力いれているように思いますし、企業としての発信は企業ページより所属する個人の方が発信する力が強いように感じています。今後良くなると良いですね
日本はFacebookファーストな国じゃなくインスタ活用している事例が多い。

海外的にはこのような流れなのでしょう
以前のニュースでもポストしましたが、
「改善」が「改悪」になるケースかもしれませんね。。
企業アカウントについてはFacebookページもlinked inも日本ではまだまだ流行ってない/コンテンツが薄いと思ってます。企業SNSはtwitterがまだ強いんですかね?B2Bの場合インスタはあまり相性が良くないので、LinkedInなどもう少し流行って欲しいなと思います。
過去にもfacebookページがリニューアルされました。

それはfacebookのドメインがSEO対策に強かったので、facebookページを活用したSEO対策の制作代行会社が乱立し、クズfacebookページが量産されました。

facebookとしては、これは良くないので、facebookページでできる内容を制限し、素人でも簡単に作れるようにしました。この時にしれっと、オーガニック投稿では従来よりリーチをしないようにして、fb広告へ暗に誘導された過去があります。

今回はfacebookページにショッピング機能がついたので、その親和性を高くするための機能変更と、またショッピング機能でfb広告を使ってもらいたいとの意図でしょうね。

facebookは93%が広告収入なので、1%でも増えたら売上に対するインパクトが大きい。
自分の投稿に「いいね」をしないとキレる上司がいるという話を聞いたことがあります(笑)

これで、義理「いいね」がなくなれば、職場の風通しもよくなるかも。
>義理で「いいね!」したものの、ページからの更新情報を受け取ることは選択しなかったユーザーも多い。

まさにそのとおりです。私は今FacebookをACTIVE(どころか殆ど)に使っていませんが、まわりでFB Pageを使っている中小企業がいて、社員・関係者が義理的に「いいね」を押している状況みて辟易と感じていました。
*そもそもPageへ投稿する際に、「皆さんぜひ”いいね”をお願いします」とコメントしているので、「なんだかなー」という。。
Facebookのページへの「いいね」はある意味でソーシャルグラフの側面を持ってる。
友達リストと同じで「定期的なアップデート」を必要とする。
例えば、友達リストに前職の同僚、上司が残ったままという「古いものが残った状態」を更新しないとコミュニケーションプラットフォームは陳腐化していく。

コミュニケーションプラットフォームは前提として「新しいものと繋がりやすい設計」になっている一方で「離れる」というアクションには弱い。端的に面倒。
かと言って「離れやすくする」は「繋がりやすい」とトレードオフになるため、隠すというのは一つの手段だと思う。
Instagramで「いいね」の数については検証していたので、それの結果を踏まえたアクションに見える。
そもそも「ページ」が何かをよく理解してなかったのですが、ビジネスページ?のことですか。時々いいね要求通知がくるやつ。

いいねなしでも宣伝になるならいいんじゃないですかね。
あるなしで、どのくらい効果に違いがあるのかは(公開しないでしょうけど)知りたいところです。
Facebookは徐々に過疎ってて、本当にInstagramを買収しといて良かった、という状況になってると思う。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績