新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモート時代だからこそ、人と何気ない'壁打ち'ができる繋がりを作る必要がありますね。雑談のような雰囲気の中で自然とうまれるものでもありますし。
多面的な視点でフィードバックを得ることができる信頼ある相手がいるかどうかでアウトプットの品質が変わると思います。
アイデアもまずは実現できるかどうかわからないが、まずはボールを出してみて、色々な人に料理されて、そもそもいけるのか、実現できるのかと、形を作り上げていくまでの数々の壁打ち具合が大事なポイントなのでしょう。
壁打ちで、相手も自分も、思考を活性化する。

つい固定観念にとらわれてしまい、型にはまった自分から脱却するための良い方法です。

お互いに発見があり、さらに創造的なアイディアを出すことができるように、上手に壁打ちを活用したいものですね。
「する側」でなくて、「される側」として、壁打ちしてもらいたいなぁ...。 #bosyu するか。。
よくSNSで自分の考えを他人にぶつけたりします。自分の説明したいことを明確にして、どう話の道筋を立てるかを考える練習になるのです。相手からのリアクションが的確であればあるほど、自分の見えていない部分が顕在化し、更なる思考の深化になるのではと思い続けていますが、これもある種「壁打ち」だったのでしょうか。