新着Pick
319Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonの出したプレスリリースを読むと、あくまで社会貢献活動の一環としてのアフォーダブルハウジングへの支援。バイデン政権の脱炭素化・気候変動対策にも住宅部門は大きな位置を占めており、ここでもいろいろなことがシンクロしてくると思います。不動産業界では予てから、「Amazonが不動産業界にもやってくる」と予想する向きは多く、社会貢献活動とは言え、アフォーダブルハウジングから不動産業界への参入というのはビジネス展開としても着目しておくべきではないかと思います。ベゾスは2年前までは膨大な個人資産に対して社会貢献活動への支援が不十分とされてきましたが、最近ではAmazon、個人共に積極的な活動を見せていると思います。https://press.aboutamazon.com/news-releases/news-release-details/amazon-launches-2-billion-housing-equity-fund-make-over-20000/ 「低価格×豊富な品揃え×スピード」を顧客の3大ニーズとしてきたベゾス。不動産業界での事業展開も期待したいところです。
各都市で元々家賃の高騰が問題視されている中、コロナの影響でより低価格住宅への需要は増えるかと思います。そこにスマートホームの色々な仕掛けを実験できる場ができるとなれば、アマゾンにもメリットが多そうです。

アマゾン自体が建設する訳でなく、建設費を低金利で貸し付けるということだと思いますので、損する話には元々なっていないと思います。

アメリカの面白いのは低所得住宅や中所得住宅を同じタワーマンションに一定の割合ずつで入れることも多く、敢えて低所得の街区を作らないように工夫しています。ですので、低所得者であっても同じクオリティの家に4分の1くらいの価格で住むことができます。その代わりデベロッパーは20年間固定資産税が免除になるなどの仕掛けがあり、多様性に富んだ街になるような工夫がされています。
アマゾンは昨年の9月末に、室内型ドローンである「Ring Always Home Cam」や防犯セキュリティサービスである「Ring Alarm」を発表していましたし、Alexaなど既存のサービスとの連携も含め、この領域に進出していくというのは既定路線でしょう。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/25/news062.html
住宅価格高騰の批判をかわすことができ、お値頃ゆえに完売の可能性も高い。

さすがアマゾンですね〜一石二鳥です。
これはスマートシティへの布石ではないでしょうか?
先ずはスマートホームを作っていろいろ実験するのだと思います。
Amazonがでてくるとなると建築業界も面白くなりますね。
記事のタイトルを見ると、アマゾンが住宅建設に投資するように見えますが、実際は他の方も書いている通り、低金利住宅ローンや補助金を出すファンドを設立したいう話。RingやアレクサなどIoTを入れるくらいはやるだろうけど、アマゾンが住宅を作る感じではなさそう。個人的にはベゾスのミッションを考えると、先10年はアマゾンが住宅販売を手がけることはないと思う。それよりも、eコマースに向いている商品を全てラインナップする事を優先しそう。
Amazonの不動産業参入は、GAFAの崩壊とAmazon一極化を目指してのことだろう。アルファベットやFacebookの不動産業参入が、それほど大きなニュースになっていないことも加味したい。
GoogleやFacebookの特徴は、外部へのアクセスである。家庭内、個人内に限定されていた行動範囲が拡張され、より新しい世界へ自分自身を接続するための画期的なツールだ。
その点でAmazonは家庭内・個人規模での使用を目的としたアクセスが中心である。GAFAの中では唯一内部的要素を持ち合わせている。

今回の低価格帯住宅の建設の背景には、そのような内的要素で他の企業と一線を画す狙いがあるように思えてならない。
今の状況を考えると、手頃な価格の住宅というのは相当需要があると思います。もし、本格的に参入するとなると不動産業界の構造転換になるかもしれません。
当然スマートハウスなんだろうと考えるとローンの条件とか価格とか考える余地は大きいと思います。
人生で、多くの人が一番お金を使うところ…それが土地と住宅でしょう。

その次がクルマなどの耐久性消費財ですよね。

最近、いろいろなところから「低環境負荷で、お値打ちな新しい住宅」の提案が続いています。

そう考えると2021年のキーワードに「住宅のアップデート」が出てくる可能性が高いですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この時点はアフォーダブルとして、
暮らしの場・環境・ハードとしての家、空間内サービスを提供してくる段階へ進んでいきそうです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績