新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おととい明らかにされた東京都の陽性率は、12%を超えています。

きのうから報じられている京大・西浦教授の分析に注目しておきたいです。実効再生産数1.1でこの先推移する場合と、0.99で推移する場合のグラフの差の違いが一目瞭然です。0.99になっても現状がイーブンのグラフなので、感染者数は1日約1000人の推定です。1人が感染させる数字を落とさなければ、広がりが抑えられないことが視覚的にも理解できます。

東京都と隣接する神奈川県は、陽性率が20%前後で推移し、感染者数の増え方がグラフで比較しても他県より鋭角です。埼玉県は元々1人あたりの医師数が少ない自治体で、さらに一部拠点病院でクラスターも起きており、医療体制の維持が心配です。

1ヵ月程度で想定される「緊急事態宣言」ですが、きょうあすの数字、さらには専門家分析から、期間が延びる可能性があるかもしれません。昨晩の尾身会長、そして西浦教授らの説明から、感染者数を落とすには3~4月あたりまで要する… 政府で議論されている前提よりも「長期戦」になる様相です。
数字に踊らされる必要は全くないと思いますが、東京都における検査陽性率の高さを考慮すると、この数字よりはるかに多い感染者がいると仮定すべきだと思います。そして、厳格な感染対策が求められる状況に変わりないと思います。

ご参考までに、「東京より酷いでしょう」とお声いただくことも多いこちらNY、マンハッタンですが、昨日の陽性者数は645人、陽性率は4.72%でした。人口は東京都の約半数です。

このような状況ですが、こちらでも確かに医療機関への負担は増加傾向にあります。対策として、インドアダイニングは未だに閉められており、度々学校閉鎖も行なわれています。

それを東京都でもやるべきかどうかはさておき、外から拝見した感想としても、個人での対策に加えて厳格な政策が行われても不自然な状況ではないと感じられます。

大きな数字は家庭での話題にもなりやすいと思いますので、ぜひご家族のマスクや手洗いなど、基本的なところを再度ご確認いただく機会にもしていただければなと思います。
【感染者数では驚かない】

…といつも言っていましたが、

1500!

さすがに疲れました。

わたくしは神奈川で働いておりますが、神奈川もコロナ病床は満床を超えている状況です。

そんな中、今年に入ってからは東京からも受け入れが難しい重症コロナ症例が神奈川にも搬送されてくる状況です。

コロナ患者さんも、コロナ以外の病気の患者さんも病院で治療を受けられない状況に近日中になることが予想されますので、それなりの覚悟が必要です。
すでに自宅待機されている方が4000人、入院先を『探している』方が2400人になっているそうです(聞いた範囲ですので正確ではないかもしれません)。
病床が余裕がありそうに見えても、クラスターが発生し新規に患者さんを受けられなくなっている施設もあります。
個々の感染対策をおねがいいたします。
数値は数値ですから、これ以上増やさないためには皆で頑張りましょうと、鼓舞すれば良いだけなはずです。他責的に、それ見たか、としても、何の解決にもならないわけです。にもかかわらず、ワイドショーをチラ見しましたが、単に数字を読み恐怖を煽るだけです。。。心配は心配ですが、個人ベースでやることは変わりません。数字の多さを怖々伝えるからこそ、人々は感覚が麻痺する気もします。
感染者数の公開は大事だが、死亡者数の公開も必要。あるいは重傷者数を公開すべき。
対策としてはIT技術の運用があり得る。
または徹底的に患者と患者影響区域を隔離して、ほかの自由にする必要もあるのではないか。

北京にもこの頃一日数名の患者が出ている。
患者の出るビルだけ閉鎖される。
患者が団地に点在する場合、団地を閉鎖する。
ですから今の北京はほとんど自由であり、普段通りに仕事ができる。
日本ではこのような閉鎖はできないが、せめて健康コードを導入して健康な人だけ普通に仕事をしたりしたほうがいいのではないか。
感染者の増加が爆発的に増加していますね〜。

感染力の高い変異種の可能性もあるのではないでしょうか?

その辺りの分析結果も知りたいです。
要は「濃厚接触」を防げばよい。1m以内マスクなし会話15分。これを平常時の5分の1に下げれば良いのではないのか。

CM枠を買い取り絨毯宣伝することだ。いつでもどこでもマスクしろ。電車の中で喋るな。食事中は喋るな。大声出すな。人と対面になるな。ベッドには限りがあるので手遅れの人は助からない。と単純化したフレーズをテレビで繰り返しハッキリ言わないと「ケーキを3分割できない人」に届かない。7人に1人はケーキを3分割できないのだ。

映画が始まる直前に流れる「前の席を蹴らな〜い」※のアレや、震災のときにイヤになるくらい流れた「こんにちワン・ポポポポーン」のようなもの。「密です」はそれなりに浸透したけど実際何すればよいのかわからない。命令形にしないと。

※携帯の電源はオフに。館内禁煙。上映中はお静かに撮影禁止。どんなに足が長くても、前の席を蹴らない。
いまからでも、対策のグランドデザインを描き、いつごろ、どうなっているゴールをめざすのか、きちんと説明してほしいと思います。想定外が出てきたら、その都度、調整していけばいいと思うので。

結論から考えず、現状から組み立てて説明してほしいです。その結果、五輪開催が難しいなら、そう言えばいいので。

シンガポールは親日家も多いですし、日本の仕組みを讃えてくれる人も多いのですが、友人のひとりには最近「日本は本気でやれば対策できるけど、五輪中止を不可抗力のためとするためにあえて対策してないんでしょ」と聞かれました…。
東京在住です。

勤務先も緊急事態宣言発令に向けて慌ただしくなってきました。基本テレワーク体制ですが、昨年の緊急事態宣言以降、体制も進化していないため、業務効率面で問題が出そうです。組織に依存するのではなく、個人が今やるべきことは、自分自身がどこにでも適用する力をつけていくことだと痛感します。

1.「今」こうして生きていられる命の尊さ
2.「今」前線で活躍してくださる方々への感謝
3.「これまで」の既成概念を取り払い、「これから」新たな価値観を持つことの必要性

先日拝見した記事の引用ですが、まさにこれだと思う。