新着Pick
298Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NTTコムは以前から新生NTTグループの核となる企業でした。グループ各社でそれぞれ買収戦略を積極的に実施してきていましたが、それらの横連携を実現するのも、NTTコムが核になります。

2010年に3000億円弱で買収したDimension Dataを皮切りに、PaaS/IaaSといったクラウド、通信インフラ、データセンターといった領域で買収を積極化してきました。

NTTグループがもつ総力を結集しうるのが、ICTの分野であり、NTTコムのアセットはその中核であり、そのアセットがあってこそ、通信インフラやそれに関連する技術、またITサービスのNTT Dataも生きてくるし、モバイル・IoT・B2Cのドコモのアセット生きてくる。

未上場で目立たないNTTコムが実質的には新生NTTグループのまさに「クラウンジュエル」なのです。このグループ再編をしっかりとやり切り、これまで買収してきたアセットを再配置・集約化できるかが鍵です。

資本政策をこれに合わせてクリーンナップすることで、配当による外部流出を防ぎながら、Docomoのキャッシュフローを今後も大型買収を積極化するNTTコムの買収資金にスムーズにあてがうこと可能になります。

おそらく今後数年で数千億を超えるような大きなクラウド/ICT関連の買収を行うことになるでしょう。データセンターなどのアセットに加えて、クラウドソリューションを統合して提供できるようなオーケストレーション等の分野が強化できれば一気にグローバルのTop ICT企業の仲間入りができる可能性があると思います。

日本のITの雄になれるか、NTTに期待したいところです。
1+1+1>3になるようにしなければならない(ドコモとコムとコムウェア)。その可能性はあるが、時間との戦いだ。

対GAFAというのはキーワードとしては分かりやすいが、ベンチマーク先はそれに限らない。社内外へのメッセージは慎重に、ステージに応じて使い分けるのが良いと思う。
今はリクルートといい、散らばった戦略子会社を取り込む動きが目立っていますね。
戦略的な事業であれば本社でやる方がコスト的にも社内シナジーを生むためにもメリットがあるのでしょうが今の時期に大手が立て続けにやっているのは偶然なのでしょうかね?
教えて偉い人!
ラグビー業界では、NTTドコモは大阪南港を拠点にしてレッドハリケーンズを持っており、NTTコミュニケーションズは浦安を拠点にしてシャイニングアークスを持っております。
どちらも来年からの新リーグに向けて、大物外国人選手(ドコモなら南ア代表マピンピ、コムならスコットランド代表レイドロー)を獲得しており、最後のトップリーグでの楽しみな存在です。

果たしてどうなるのか。
国内で消耗してる訳には行きませんからね。

これはSuicaなどの電子マネーにも言えること。地域や企業ごとに決済方法が乱立していて、単なる消耗戦になってしまってます。
電電復活だ。あとは通研、これも、政府も含め頑張っている
日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
10.8 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績