新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「アルミや単板ガラスの採用はコストを優先した結果だが、こうした低い断熱性能しかない家が標準的になっているのは先進国では日本だけであり、最新基準では、すでに韓国や中国よりも低いというのが現実だ。政府はこうした事態を打開するため、2020年に省エネ基準を義務化する方針で法整備を進めてきたが、結局は見送られた。理由は施工技術が低い事業者が多く、諸外国のように省エネ住宅を大量に建設することが難しいというものだった。」
日本の家屋の断熱性能の低さと、ソーラーパネルを設置できないほどの強度の弱さがCO2排出削減が進まない原因との主張。
一理ある気がします。