新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「オフィスの再定義」が進み、同時に「文書のデジタル化」も一段と加速するのは間違いないでしょう。
リモートワークが可能な業種においては、オフィスとは何のためにあるのか?を考えざる得ない状況ですね。

一例ですが、スタートアップ企業は本社オフィスをカッコよく、労働環境をよいのもにすることで採用競争力をアピールしていましたが、今ではオフィスに来ないでよい方が採用競争力となっています。価値が移り変わってしまっていますよね。

リモートワークをしていると、自宅・自室がまさしくオフィス(仕事場)です。みんなのいるオフィスではなく、自分のいるオフィスを快適にしていくニーズは高まっているかと思います。(ZOOM映えなど)

一方で人と人は、オンラインだけでは繋がり切れないのも事実です。そこに行けば会えるという価値をオフィスは持っていたかと思います。コロナ禍が終息した先には、オンラインの効率性とオフラインの人のつながりの両立・ハイブリッドを実現するのが、新しいオフィス像になるのではないでしょうか?
もちろん業種や役割によりますが、出社(通勤時間や事務所家賃)に疑問を持てたことは大きな財産。
リモートワークへの順応による付加価値も加われば、ここへの向き合い方が数年後にとんでもない差として現れるのは言うまでもありません。
個人的には労基法も柔軟になれば、女性の高齢者の活躍も促進できると感じています。
うちはコロナ前からそもそも全員フルリモート。逆に時代が追い付いてきて社外の打ち合わせもWEBでできるようになった。
物凄く当たり前のこと過ぎて…という内容でした。もう少し内容、考察を深めた記事を望みます。。