新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「本来あるべき姿はどういう状態がいいのだろうと考える契機になったと思います。」に共感。
無理をしていることに気がつかず 悲鳴をあげることもできない状況が続くことの怖さに どう対応するべきかを考える良い機会。
"革新的なサービスが次々に生まれ、世界が市場となり、既存の事業が将来も維持できるかも不確実で先を見通せない今、無理にMUSTにしなくていい。頑張らないといけない、先を見通さないといけない、そういうことに「適応」するのは、時代に逆行しているように見えます。それよりも自分はどうしたいと思うのか、物事をWANTの観点で捉えるほうが大事だと思います。"

以前に拝見しました、山口周氏の『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』を思い出しました。
https://newspicks.com/news/5499981/

「ビジネスはその歴史的使命を終えつつある。私たちの次の使命は、"安全で便利な快適な(だけの)世界"から"真に豊かで生きるに値する世界"へと変容させることである」というのが本書のメインメッセージです。

これからは、自分が情熱を持てることに、無理をせずに楽しんで、没頭することが求められているのだと思います。その領域に辿り着けるよう『マインドフルネス』習慣化したいですね。
「瞑想はトレーニングであり、筋力トレーニングと同じく継続をすることで成果を上げられるものである」という考え方は、新たな気付きでした!
企業向け研修として、今の時代に必要なテーマの一つですね。
「適応」を捨てるべきか否かの議論は難しいですが、以下の部分は、本当にそのとおりですよね。

身体のトレーニングは、かなり時間をかけても、心のトレーニングに同じくらい時間をかけて継続している方は、そうは多くないと思います。

(以下、記事中から引用)
強いて言えば、継続することです。瞑想トレーニングは筋力トレーニングと同じで、頻度を高く、また、長く時間をかければそれだけ恩恵を受けられます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
共感します。だから私は公私を分かることを止めました。職場でもリーゼントです。

Be Authentic! STAY GOLD!!
ハッとさせられますね...「働くというのは、自分だけではなくてチームで動くこと。人と動くと書いて働くという文字」
人と動くときに、どういい関係を築き動くのか。それが最大化できるチームがいいチームだしそれに効果的に効く人がいればそれはそれで評価されるべき能力な気がします
Premiumを無料で体験
登録・ログイン