新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プロ野球・楽天の新監督に就任した石井一久さんにインタビューしました。

これまでGMとして球団を率いてきた石井氏は、現役時代の西武の後輩たちを含め積極的な補強を行う一方で、主力選手も惜しみなく放出してきました。
また、監督人事を巡っては「迷走」「非情」などと批判されることも多くありました。

そんな非常に大きなプレッシャーの中で監督も兼務する今年、石井さんはどんな組織づくりを目指すのか。
「異端児」ならではの組織論を聞きました。
選手が毎年変わる駅伝ならともかく、プロの世界でも「監督=リーダー」と考えるのは違和感大きい。主役は選手であって、監督は環境を整える立場だと思うから(それがリーダーというのなら正しいが)。その意味で、一歩引いたところのある(個人的にはずっとおバカキャラと思っていましたーすみません)石井氏はいい仕事ができそうな予感がします。
言及されているリーダーシップやチームワークなど、石井GM兼監督が創るチームが楽しみです。

以下、抜粋
僕が思う一致団結したチームは、試合後にみんなが1つの机を囲んで、平等に意見をぶつけ合えるチームです。
行間にいろいろ込められていて面白い。「FA移籍の話と同じですが、最後のキャリアアップに向けてのアクションが否定されるって、ちょっと変な世の中だなと思いますけど」「人それぞれ、色々な事情があるというのを分かってほしいなと思います」とか。王さんや石井さんが現場にいるうちが、球界の価値観を大きく変えるチャンス。
面白い記事でした。
"野球に限らず、転職する人の多くはキャリアアップしていくための未来想定図を作りながら、自分が最終的に辿り着けるキャリアを模索しています。

そういった中長期的な視点では、僕は一歩下がることが、キャリアアップにもつながることだってあると思っています。"
"最後のキャリアアップに向けてのアクションが否定されるって、ちょっと変な世の中だなと思いますけど。"
"僕は監督や社長といった、誰か1人だけが優れている組織は「弱い」と思っています。みんながチームの戦力になって、レベルアップしている組織にはかないません。"
今を経験していない古い持論は言いたくない。
指導者が外部環境を理解したこの感覚を持っているチームは中長期的に必ずや成功を収めるチームになるかと思います。
ゆるさというとネガティヴな印象を抱く人もいそうですが、スポーツはもちろん仕事にしても、適度に脱力できている人が継続的にパフォーマンスを発揮できる人だと思います。

ルールや周りの目を意識して固くなってしまっては、本来の力は発揮されづらくなりますね。
「ゆるキャラ」を展開していましたが、本当にゆるい人にプロ野球やメジャーリーグは生き抜けないですよね。メジャーリーグ移籍前の石井投手は豪速球、鋭い変化球+アバウトなコントロールというスタイルの印象だったが、メジャー帰りの石井投手は豪速球はなくても動くボールを使いコントロールも抜群ではなかったがゾーンの出し入れなどで勝負していた。こんな投手が何も考えずにやっているわけがない、と当時から思っていましたが今回のインタビューを読んで納得しました。

西武ファンですが楽天にも注目したいですね(浅村、涌井、岸選手もいますしね…)
枠にはまらないということが、ベンチの見える化につながると、石井野球が面白くなると思うな~
石井さんのチームに、常勝を経験している田中が戻ってきたら楽しみになりますね。
この連載について
スポーツの話題に関する特別レポート&インタビュー