新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
軽自動車って絶対的に便利だよね。長距離乗らないなら車内空間がそれほど広い必要は無いし、コンパクトである事にマイナスってほぼ無いと思う。でも国土の話になるんだろうなぁ。。デカくても問題無いならデカイ方が安定するし室内も快適になるしね。最近流行りのSUVも大型化が進んでる。(SUVが人気過ぎて小型のものもSUV化して小型もあるけど)日本の軽自動車カルチャーをうまくEV掛け合わせて海外向けで輸出成功させて欲しいね。そうしないと完全にドメスティックになって産業もコンパクトになる...
簡単な事

日本をデフレから脱出させて、所得を1.5倍にする。
過去20年の欧米と同じだけ経済成長させれば良い。

それで全て解決しますよ。
クルマが高かろうが、自然エネルギーで電気料金が上がろうが。


そこを真面目に考えずに欧米と同じ事をしようとする事が大きな間違い。
軽自動車の歴史はサイズと排気量拡大の歴史です。今ではトール化により容積ベースではコンパクト車と大差なくなっています。
地方で一人一台保有の家庭ではやはり維持費の負担が家計にのしかかってくるため、軽自動車の税制は魅力的ですね。所有負担の大きさにより新車、中古車の個人リース、いわゆるサブスクが増えているのもここに理由があります。
これに対して自動車メーカーは、一部のコンパクト車やミニバンなどを除いて、登録車に日本専用車の投入をやめてしまいました。
今後の環境問題、衝突安全問題を考えれば、軽自動車規格の見直しは避けて通れないと思います。
地方に行くと軽比率が高いという意味でも、軽自動車が「国民車」であることは納得できます。
日本の軽自動車は、国内だけで売られているのは、本当にもったいないくらい本来はグローバルスペックになるべき素晴らしい商品です。

もし、EV化するとしたら課題は以下の3点でしょう。

1.国内需要のみのボリュームで、どう低コスト化するか?
2.充電インフラは必要数準備できるのか?
3.EVで鍵となる電池が必要数供給できるのか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.47 兆円

業績