新着Pick
468Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Teslaの時価総額は約70兆円、2020年の実績が50万台で台あたり時価総額1.4億円。トヨタは時価総額26兆円、約1000万台として同様に260万円。
肌感覚だが、自動車の単価と台あたり時価総額は普通そんなに離れない。営業利益率が一桁半ば~10%くらい、単年度利益の約10倍と考えるとそうなる。なお、今はグローバルに乖離が極めて激しい…将来の規模・利益率低下を織り込んでいるのか内燃が思いっきり低い。

Teslaの単価をModel 3が増えているので600万円とする。通常の自動車メーカーと同程度の付加価値率になると仮定すると、平均単価600万円で定常状態で約1200万台、現在の24倍生産・販売するという期待になる。環境コストなどを考えたときに付加価値率が2倍になると600万台(現在の12倍)、3倍で400万台(現在の8倍)くらいが期待される「構造変化」として既に織り込まれていることになる。
そのような生産体制を作るには、グローバルオペレーションが必要。ただ自動車は部品メーカー含めて雇用吸収力も大きく、中央政府・自治体・サプライヤーとの連携がより重要になる。もちろん、その過程で資金も必要になる。規模の経済を得られる可能性もあるが、自動車業界は規模の経済は効いてこなかった失敗の歴史(①、②)。また「人とは違う」という訴求は希薄化する(みんなBMWに乗れば価値は下がる)。
またそれだけの規模になれば、自動車マーケット世界約1億台のなかで一定のシェアになる。その際にエネルギー政策やリサイクルも論点として大きくなる。現在はEVシフトのために政策的に補助金メリットを受けるが、独り勝ちであればそれは変わるし、他社も注力し競争は厳しくなるだろう。
Appleのようにトップシェアでなくても圧倒的な付加価値を維持し続けてそれに十分な規模を作れるという期待を、フルフルに織り込んでいるように自分は見える。
なお、Teslaの時価総額の成長について自分は間違い続けている…石森さんの③の記事で「懺悔コメント」でVWなどを超えたときのPick含めてコメントを入れている。
https://newspicks.com/news/1596470
https://newspicks.com/news/4989985
https://newspicks.com/news/5257826
50万台といえば、2000年代のSUBARUがそんな規模だった。そこから怒涛の成長で100万台に上り詰めそして品質やコンプライアンスも含めて大きく躓いたことが思い出される。自動車を製造し販売するというビジネスは規模拡大と指数関数的に増える複雑さとの闘い。テスラは素晴らしい成長を実現してきたが、落とし穴も深く大きくなっていることも事実。これからが正念場だと考える。
「電気自動車の生産で前年比71%増、納入で前年比61%増」。既存自動車メーカーが数十年、プラマイ何%かのシェア争いを続けてきた中、グロース株としての期待をテスラが独占している。ただ来年100万台で5-6年内に500万台位までの成長を株価は織り込んでいる #米株
クルマづくり、クルマ販売のノウハウを着々とためています。ここからはさらなるイノベーションも進むでしょう。既存のクルマメーカーを食って業容の拡大が加速する可能性も大いにあります。
「50万台」の意味がわかると、その凄さを実感できます。

BMWが250万台…その1/5の量の「ピュアEVの電池」を平気で生産しているのがTeslaです。

日本、いや世界の自動車メーカーで、この量を提供できるところはありませんよね。

Teslaが、キーとなる部品、例えば、電池、CPU、制御ソフトウェアといったものを自前かつ垂直統合でやっていることによる強みです。

(以下、記事中から引用)
テスラは2020年7月に株式時価総額でトヨタを抜くなど、世界の注目を集めています。しかしまだまだ自動車メーカーとしては小規模。GMは2019年(会計年度)に770万台を販売しており、高級車指向のラインナップを持つBMWも250万台以上を販売しています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テスラの年間生産台数が50万台を超え、販売実績も50万台に迫った。トヨタは単体でも年間生産台数が約870万台、販売実績が約950万台。この状況でテスラのほうが時価総額が高いというのが時代を表しているように感じます。
思いっきり追い風が吹いているテスラは、今年以降も快進撃を続けるのでしょうね〜。

自動運転技術でも他を圧倒していると聞いたことがありますし…。
スタートアップのテスラとしては、ものづくりにおける品質、コストダウン、生産能力が課題となってくるフェーズに移ると思います。既存の大手プレイヤーとしては、イノベーションのジレンマに十分注意しながら、経営資源の分配を誤らないことがポイントになっていると思います。この両者が同じ市場でガチンコ勝負になる時期も近いかもしれませんね。
Teslaは2020年に、ついに50万台の製造とデリバリーの大台に乗せました厳密にはデリバリーは450台足りないのですが、製造台数は前年比71%増。2021年も上海製造のModel YやModel S Plaid、Cybertruckなどが控えており、電気自動車メーカーとしてだけでなく、自動車メーカーとしての存在感も大きくなりそうです。

個人的にTeslaの成長は素直に喜ばしいことだと思いますし、日本や中国も電動化への流れを大きな方針として示していることで、結果として米 Teslaや中BYDなど、すでに取り組んでいた企業の優位性が決定的になってしまったことも意味しており、日本メーカーはかなり厳しい状況になりそうです。

一方で、クルマとして見た時、耐久性や快適性、特に足回りの具合などのアナログが残る部分はまだ勝負できるので、そうしたアドバンテージが残っている間に勝負がかけられるか?が注目してます。
バブルガムブラザーズ。

バブルとは思いつつも、徐々に生産台数を上げてきているのはさすが。そのうち株式交換で自動車メーカーを買収するんじゃないでしょうか?
時価総額
69.4 兆円

業績