新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まったく専門性のない意見ですが、ミスド大好きです。

体感ではコロナ禍になってから近所のミスドで、おそらくご家庭用へのお土産であろうテイクアウトをされている方がかなり増えてるように思います。

こんな時期の自宅での楽しみにドーナツはもってこいなので応援したいです。


余談ですがドーナツの油は植物油で、不飽和脂肪酸に分類されます。カロリーには充分注意する必要はありますが、飽和脂肪酸(肉の油)と比べると健康へのリスクは決して高くありません。

油を揚げる過程で出るトランス脂肪酸は問題にはなりますが、平均的な日本人では過剰摂取になるほどの量は摂取していないことが分かっているので通常はあまり心配いりません。

砂糖は多いので注意が必要です。


なので、ドーナツを食べる週は他の甘いものを少しだけ控えて、1時間程度歩く量を増やすと健康的で素敵だと思います。

今週は私はフレンチクルーラーにする予定です。
人気 Picker
いまは状況が違うかもしれませんが、2,3年前の経験談をさせてください。

結構な規模のイベントがあり、3日間毎日150個のドーナツがほしいと思ったので宅配サービス、それを利用するドーナツ屋両方に連絡を取りました。当然当日ではなくかなり余裕をもっての連絡です。まず「その連絡はうちにではなく、他方にしてくれ」とたらい回しされた挙げ句、最終的には両者「対応できない」となったので仕方なく毎日大人数で何駅か先のドーナツ屋さんに直接買い付けに行くことになりました。「直接買いに行ったら対応できるんじゃん」と思いましたけどね。。。。

そういえばその時感じた不信感以来、自前の配達員を擁しているところしか利用していないです。
宅配は変動費率が高い分、1件辺りの収益性をなるべく高める必要性があります。その点、1件辺り単価も重要な視点になるのですがスイーツ系ジャンルがどの程度の単価に収まるかも注目です。
出前館の選択肢が益々広がり、今年も宅配サービスのお世話になりそうです。子供たちのお菓子や朝ごはんなど、ドーナッツの宅配があると嬉しいですね。
イートインは、カフェ利用に近いのかなという印象を持ちますが、テイクアウト
は「朝食・手土産品・おやつ」の3つが主ニーズなのかなと推察します。

最近感じているのが、ミスドのテイクアウトの競合はコンビニのドーナツなのではないかな?と思うことがあるぐらいコンビニのドーナツの質と価格があがってきているようにも思います。

かたや一方で、出前館はお昼か夕食に「お腹へったな〜外出るのも面倒だから出前館使おう〜」という需要だと思うので、そのタイミングでドーナツの選択は起こりづらいそうです。

週末のステイホームおうちパーティーシーンでお昼のついで購入に食後ドーナツを買うとかはありそうですね。もしくは在宅ワーカー向けに珈琲とセットで届けるとか。

ただの組み合わせだけだと成果が出しづらいと思うので、需要喚起するにはマーケティングをしっかるする必要性があるでしょう。
ミスドもフードでリバーを利用することに。コロナ禍でドーナツを取るところもケースを導入したりとこれまでかかっていなかったコストがかかっているように感じますが、売上の低迷を宅配サービスを使って少しでも取り戻そうということになるのだと思います。まだまだ、厳しい状況は続きそうな気配ですので、臨機応変に対応していかざるを得ないのだと思います。
おー、ミスドの宅配。テイクアウトが多い業態は出前も合いそう。
単価を上げたいから、セット品をたくさんつくるとよさそうだな、と思ったら、当たり前のようにそうなってた^_^;
これ間違いなくミスドニーズ出てきますよ。テイクアウトで。コンビニ各社もドーナツ力入れてますが、テイクアウトをベースにした商品戦略にも改善を加えたら、かなり伸びるはず!
とてもよい挑戦ですね。ただ、日本では厳しいと思います。

何故か?デリバリーのモデルは、極めて安い人件費という条件がないと成立が困難だからです。

米国は、もともとが高いので、デリバリーでの上乗せも、少しは薄まりますが、日本だと商品価格が安いので、どうしてもデリバリー費用が目立ちます。

デリバリー込みでの価格を魅力的にしょうとすれば、収益を落とさざるを得ません。そこが課題です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社ダスキン(英文名称:Duskin Co., Ltd.)は、大阪府吹田市(江坂地区)に本社を置く日本の企業。清掃業務を中心に、外食産業なども展開する。ミスタードーナツの事業本部でもある。 ウィキペディア
時価総額
1,347 億円

業績

夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
時価総額
1,088 億円

業績