新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
助けを求めないという習慣は確かにそうですね、
昨年のオンラインでのリモートワークに入ると、若い方々が特に新入社員の方々が、わからないことをちょっとしたときに人にツール上できくのを躊躇すると、何度か伺いました。
聞かれる側は、わからなかったら、または困っていたらすぐ聞いてと思っている人が多いと思うのだけども、割とこんな助けを求めていいものか、躊躇したり気にしますよね。直接のコミュニケーションですら気になるので、オンラインならなおのことだなと感じた次第です。
でも、ここで助けをサポートを求めないことによる情報や機会の損失は後になるとわかりますが、まずは求めることが大事です。
また自分のミスや短所をせめる時間も、せめる時間ではなくどう今後改善できるかに時間を費やした方がいいですよね。
そうはいっても、そんな簡単に責めないようにはできないと思いつつも、これまで経験をしてからこそ、これが無駄に時間をつかったなと感じるわけです。
無駄だったなと思いながらも経験により新たな気づきを得られる良さはありますから、若い時から早めにこういったポイントを学ぶは大切ですね。
若い頃に無駄な時間を使うことは、後の人生にとって意味があると思います。

何でもそうですが、無駄を極端に嫌うと、無駄をなくしたつもりで、それより大きなものを失っていることに気づきません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません