新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いまだ致死率を劇的に改善させるような治療法がなく、デキサメサゾンの有効性が判明して以降は、正直なところ新たな治療戦略が手詰まりの状況にあります。このため、相変わらずCOVIDから命を助ける最も有効な方法は、感染予防策であり続けています。

12月は残念ながら重症者、感染者が増加傾向ですので、このまま増え続けてしまえば、記事のおっしゃる通りということになってしまいます。ワクチンが届けられるまでは、辛抱の時だと思います。
感染者数が増えてから2週程度おくれてから重症患者が増えてくることから、可能性は高いとは思います。
そして、多くの都市部で余力はなくなり、患者さんがあふれてきた状況です。

▷新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/

今は、予防接種がひろく行われるようになるまで耐える時期です。
新型コロナのワクチンは、当初の予想を超える有効率が期待できます(リスクに関しても科学的な目で見ておく必要性はあります)ので、これ以上の拡大をいかに減らすかを考える時期ともいえます。

新型コロナに限らず、過去、感染症のアウトブレイクで危機的な状況になったことは何度もあります。

たとえばポリオです。

昭和35年頃日本では、麻痺性ポリオに年間5000以上の方が罹患していました。
当時の厚生省の英断で、昭和36年から経口生ポリオワクチンの緊急輸入が実施され、劇的な効果をあげてポリオの流行は収まりました。
現在の日本ではほぼ発生していません。

同じような効果まではいかないかもしれませんが、先行して接種がはじまった米国などから、おそらく状況が大きくかわってくると個人的には思っています。

あきらめずに、感染拡大をすこしでも小さくするための努力を続けていきましょう。
終わりはきっと見えてくると思います。
毎年、一番寒い季節である1月と2月は、死亡者特に高齢者の死亡者が一年で一番多い時期です。
ですから、コロナ云々ではなく、これから死亡者が増えやすい訳です。
更に、ここに、大半の医院やクリニックが診察や治療をしないコロナが一番流行している状況が加わる訳ですから、死亡者が増えてもおかしくはないと思います。

医療崩壊…町医者は患者が来なくて困っていても、無症状や軽症のコロナ患者は診ない訳ですから、この構造自体が既に医療機能不全です。
医療は専門外ですが、少なくともこれまでの陽性者数と死者数の時差相関関係から見れば、その可能性は低くないと言えそうです。
あたってほしくない予想。
結果として「狼少年」であってほしい。

「医療の崩壊で1月末には亡くなる人が急増する恐れもある」
「まず今の医療体制をしっかり確保し、感染拡大回避に全力をあげることが大事だ」(菅首相)という発言は、医療体制の現状レクを受けていないのでは。医療体制を支援するのであれば、感染拡大の「回避」のために、「有効な」対策が必要。
年末年始、家族とステイホームしている方もいれば、例年通りのルーティンで大人数で過ごしている方もおります。
少なくとも何事もない平日よりは複数人で過ごしている方が多いと思うので、1月中旬〜末にかけても感染者は増えるのではないでしょうか。。。
家族以外との会食禁止とマスク。本当にそんなことで感染対策できるのでしょうか?みんなすでにある程度できてるのに、全然感染者が減らないので新たな対策が必要に感じます。
帰省事前チェックによる増加。陽性となっても帰省を強行する人が出る悪い予感。
早急にワクチンの接種が出来る様に。