新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際問題、病床の逼迫は起きております。病院のたらい回しだけでなく、患者のトリアージが必要とされる状況と言っても過言ではありません。

トリアージとは、助けられる患者のために、助かる見込みのない患者への医療提供を中止する事です。これは対応できる医療機関、病床、そして何よりも医療従事者が少ないことが原因です。

医療崩壊に定義はありませんが、これが始まる時、医療崩壊と言えるのではないでしょうか。

患者への対応も重要ですが、患者を増やさない様、個人レベルでの感染対策を強化し、取り組んでいただく必要があります。誰かに対策を求めるのではなく、我々、日本国民、一人一人がが自分で考えて行動をする必要があります。
現場で懸命に治療に当たって頂いている医師、看護師さん他医療機関関係者には、感謝します。
2年前に、癌が悪化して大学病院に緊急入院した父を診て下さった先生も、お正月に病院に来てくださいました。あの光景を見ていますから、良く分かります。

でも、コロナ以外の患者さんを街中のコロナ対応をしていない医師の方々に分担して頂くことは出来なかったのでしょうか?
それだけは納得する回答は聞いていないと思います。

もともと冬場は心筋梗塞や脳梗塞も多く、そういう患者さんの対応が…
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

更新された東京都のデータによると、入院患者2,594人確保病床3,500床、重症患者数89人確保病床220となっています。それぞれ割合計算すると、約74%、約41%、となります。

しかし、報道では、病床はほぼ満床、とあります。

…私にはどうしてもギャップがあるように見えます…

逼迫した病院とそうでない病院があるからでしょうか?
余裕がある病院と余裕がない病院があるなら、患者さんに移動してもらったりしてないのでしょうか?
エリアにかたよりがあってそういった動きにも限界があるのでしょうか?
なにがボトルネックなんでしょうか?
どんな対策を準備されているのでしょうか?

そのあたりを取材して配信していただきたいです…

そして医療への投資拡大を願うばかりです。
真面目に感染症対策をすると病院の稼働率がすごく落ちるんですよね、たぶん。ダイヤモンドプリンセス号の一件の時にも報道から学ぶことはできたと思いますが。
医師が感染症の媒介者になってはいけないので、いちいち使い捨てのガウンや手袋、ゴーグルも患者さんの度に変えなくてはならないし、病室も区画分けて確保してそこはコンタミネーションが起こらないように出入り口も通常の病棟とは離す必要もあるように思います。そうなってくると、通常の病床数や医者や看護師の稼働状況とは異なる状況に陥るように思います。
数字だけでは語れないのでは?こうしたまともな院内感染対策が取れなくなると病院がクラスター化するので、病院自体も相当キャパは抑えて対応せざるを得ないのでは?
この辺り、実態は既に危険信号域になってるということでは。トリアージが必要ということはもう助からないと思われる人からは人工呼吸器を外すということでもありますからね…
「もともと冬場は心筋梗塞や脳梗塞も多く、そういう患者さんに加えてコロナにも対応しなければならないのは非常に大変だ。ずっと災害のような状態が続いていて、体制を維持するのが非常に厳しい」という現実。これを悪化させてはならない。
各地で医療現場がかなり厳しい状況になっているようです。懸命に治療にあたって頂いている医療従事者の方々には頭が下がる思いです。本当にありがとうございます。自分にできることは感染予防を徹底するくらいしかありませんが、努力を続けたいと思います。
選択肢なんかないよ。遅くなれば遅くなるほど経済的な影響も含めてネガティブ
ベッド数世界一、コロナ被害世界最少の日本で病床が足りなくなる理由

1. 日本の病院は民間がほとんどで公立病院が少ない

2. 民間病院はマスコミによる風評被害を恐れてコロナ感染者の診察を拒否するので公立病院に負担が集中する

3. 公立病院が少ない理由は日本医師会が公立病院を増やす事に反対してきたから

悪いのはマスコミと日本医師会
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア