新着Pick

時価総額、ソニーが4位に 任天堂8位浮上、ゲーム事業好調

共同通信
時価総額、ソニーが4位に 東京証券取引所が30日発表した2020年末時点の東証1部の時価総額ランキング(政府保有分を含む)によ...
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベストテンには入っていませんが、個人的には温暖化対策とコロナに伴う欧州自転車ブームの恩恵を受けたシマノにも注目しています。
日本でも自転車プチブームになってますし。
東証の12月30日現在の時価総額上位50社を眺めると、トップのトヨタ自動車以下、製造業が多くを占めています。その一方、世界の時価総額上位50社を眺めると、もちろん製造業もありますが、トップのアップル以下、デジタルで稼ぐ企業がずらりと並んでいます。
https://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htm
金融機関を除くと、平成元年当時は、世界の時価総額ランキングの上位も製造業が主でした。だから製造業が強い我が国は、当時、トヨタ、新日鉄、日立、松下、東芝等々、10社以上が上位入り。
新型コロナウイルス禍による販売不振で我が国トップながら世界の時価総額上位50社から一旦陥落したトヨタが、今はまた復帰しています。しかし日本企業は辛うじて残るトヨタ1社だけ。世界ランキングの顔触れの変化と我が国のランキングの上位の変化の少なさに、平成時代の世界と我が国の動きの違いが見て取れるように感じます。雇用の裾野が広い製造業が強いのは良いことですが、新型コロナウイルス禍を受けて世界が変わる中、トヨタを超える企業も育って欲しいと念じる年の瀬です (^.^)/~~~フレ!
コロナをきっかけにゲームを始めた人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。外出が思うようにできず、ゲームをする時間はたくさん確保できたかと。
一時コロナが落ち着いた時には仕事が増え、ゲームができなくなりましたと引退する人も少なくありませんでした。
そしてまた第3波で年末年始ゲームを楽しむ人も増えるのではないでしょうか。来年はどうなりますでしょうか。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.59 兆円

業績

業績