新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「本を読む」に求める。

本で学び、育った経験が多いということですね。何かを頼りに活路を見出す。慣れた読書を一番頼りにするのは当然のこと。

ただし、読めばなんとかなると考えるのではなく、何か1つ目的を決めましょう。

いろんなことが一度に解決することなんてないですからね。
本を通して人に会えますよね。単純に移動時間や会食などの時間が大きく減ってゆとりができた分、私自身もインプットの時間を多く取れるようになったように感じます。
外出自粛など物理的な時間が増えたことに加えて、
不安や恐怖からくる自己投資欲求や動機が背中押ししたように思います。

個人のインプットとアウトプットの重要性が改めて再認識されているは本質的に良いことじゃないかなと思います。
読むことはとても大事ですが、読んで満足してしまうのは、かなり危険でもあります。

本は、他者のプラクティスであり、それを自分のものとするためには解釈が必要です。つまり、自分用に変換することです。

加えて、変換した自分用のものを実行しないと、何の結果も得られません。

本を読んで、解釈して、実行する…このプロセスを実践できたら、すごい結果が得られます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
《ウイルス禍の中で(略)目の前の仕事のためだけではなく、生き方そのものを見つめ直すきっかけとしてビジネス書が求められている》

自己啓発本に関する連載を続けている神戸郁人記者による年末コラム。宗教社会学が専門の小池靖・立教大教授への取材も踏まえ、ビジネス書人気の背景を読み解いています。
結局ロングセラー本が読み直されてる印象。
コロナで対人関係に関する啓発本が求められてるのはそうだと思う。けど無名の新著も売れてるわけではなさそう。

この時代、普段、読書量が少ない人は必ず「おすすめ」「定番」を調べてから手を出す。
小説ならもっとそうだと思う。

新しいものが取り上げられるのはやっぱりネットで、そのネットでは活字より映像のがどうしても強い。
新しい素晴らしい本が売り出され、見つけられる場所はどこだろう。(記事とぜんぜん関係なくなっちゃった)
読むだけでなく、それをアウトプットする。
するとインプットの仕方も変わると思います。
関連記事一覧
長引くWithコロナの中、時間をより有効に使えている人は何が一番違うのか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
127Picks

大学生の就職内定率 5年ぶりに90%下回る 新型コロナが影響
NHKニュース
92Picks

大学入試共通テスト、増す重み コロナ感染対策 横浜国立大、2次見送り
毎日新聞
83Picks

コロナ禍の「なんとなく不安」を前向きな力に変換する4つの方法
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
74Picks

第2波でコロナ鬱、コロナ疲れに変化、日本独自のストレスも
ニューズウィーク日本版
14Picks

withコロナ時代のチームビルディング――今、リーダーは何をすべきか?
Mugendai(無限大)|新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア
7Picks

コロナ禍で「仕事の教科書」が 入社1年目以外の世代にも読まれている理由 - 入社1年目の教科書
Diamond Online
7Picks

早期退職を迫られた人の6割が「新型コロナが関係」 「会社としてはコロナがいい口実になった」という声も
キャリコネニュース
6Picks

人材・航空・薬局・広告。さまざまな業界のさまざまな「コロナショック」
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
6Picks

ある日突然、テレワークが原因で「コロナ離婚」危機に陥る夫たち
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
5Picks