新着Pick

ゴーン被告、拘束警戒の日々…「日本が私を狙っている」

読売新聞
会社法違反などで起訴された日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(66)が保釈中に中東レバノンに向けて逃亡してから29日で1年となった。現地を訪ねると、身柄拘束を恐れ、警戒を続けながら「逃亡生活」を送る被告の姿が浮かび上
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、国連人権委の作業部会がゴーン被告を4回にわたって逮捕、勾留したことを不当とする意見書を公表しました。東京地検は会見で反論しましたが、世界からは「認められない手法」と見られている現状のままでは、日本への引き渡しに関係国の協力を得るのは難しいかもしれません。
逃亡生活が続くと、「殺そうと狙っている」という被害妄想に悩まされるのでしょうね〜。

合理的に考えれば、死なれたら困るのは日本の司法当局です。

油断して国外に出たところを何とかして拘束し、日本の引き戻したいと考えているはずです。

死なれてしまったら、「国外逃亡犯を確保できなかった」という汚名が歴史に残るだけですから。
ゴーンさんの提灯記事もあわせて見せたらよりいいのではないか。
なぜゴーンさんが改革の旗手、日産を起死回生する恩人から被告になり、マスコミの問題、日産の欠陥などをあわせて考えるべき。
あれは凄いクーデターでしたね、成果のないクーデターです

誰か幸せになりましたか?幸せになったのはマスコミメディアだったのでは
ゴーン氏が日産を私物化していたことは事実なのでしょうが、逮捕の仕方、繰り返した逮捕→勾留などの手続きは、褒められたものではないと思います。
堀内さんのコメント内の国連人権委員会の意見には同意します。

国連人権委の作業部会がゴーン被告を4回にわたって逮捕、勾留したことを不当とする意見書を公表しました
昨日で逃亡から1年。現在もレバノンで生活を送るゴーン氏の日常。何かに怯えながらという感じでしょうか。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.47 兆円

業績