新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年の末に核融合のビッグニュース!
2025年には300秒運転を目指すとのことですが、遂に核融合研究は3桁秒の高温プラズマを手にするのが目前となりました。

>早崎先生
その通りです。人工太陽とも称される核融合炉では、陽子-陽子核融合反応ではなく重水素-三重水素(D-T)核融合反応を利用します。
水素やヘリウムのような軽元素の核融合反応のなかで、D-T反応がもっとも低温で核融合反応率が大きくなるためです。
しかし三重水素(トリチウム)は放射性物質であるうえに天然にはほとんど存在しないため、その次に低温で反応率が大きくなる重水素-ヘリウム3核融合反応を利用すべきだと主張する研究者もいます。
ヘリウム3は地球上には存在しませんが月には大量に存在するので、こちらのほうが一般受けのいい夢のある話ですね。
なお、「核融合炉」や「人工太陽」を称する装置は世界的に数多くありますが、厳密な意味ではほとんど人工太陽でも核融合炉でもありません。
そのほとんどが磁化高温プラズマの物性を研究することに特化した軽水素プラズマ閉じ込め装置です。
人工太陽ですが、実際の太陽で起こっている主な核融合反応は陽子陽子連鎖反応で、この反応を起こすのに(陽子同士がクーロン力を越えて衝突するのに)必要な温度は非常に高く反応の時間尺度は一声10億年と途方もなく長いので、実用上はより低い温度と現実的な反応時間で済む(反応頻度の高い)二重水素と三重水素同士の核融合反応であるD-T反応を目指しているという理解でよろしいでしょうか、中村先生?
核融合。

スペースプレーン。

月面基地。

このあたりは60年前から未来予想図の定番で、21世紀にはとうに実現していると思われていた。

逆にインターネットなんてほとんど誰も(少なくとも今の形では)想像していなかった。

技術革新のスピードは、かくも予測不可能なものなのだと、つくづく思います。
核融合技術は一歩ずつ進んではいるが、まだまだ実用化に至るまでの距離は遠い。実現すればすごいことになるとは思うが、気長に待つしかないのだろう。
物質からエネルギーを取り出す方法はいろいろあって、水力や風力のように、物質の運動エネルギーから取り出す方法や、火力発電みたいに燃やして熱にする方法、そして原子そのものから取り出す方法。その中に二つあって、一つはウランなのどの重い原子の分裂時に放出されるエネルギーを使う方法。ただし連鎖的な核反応のコントロールに失敗すると大変なことに。そして、逆に水素などの軽い原子が融合してヘリウムなどになるときに放出されるエネルギーを使う方法。水素などの軽い原子は水などにも大量に含まれていて、それ自体安全な物質なので、そこからエネルギーが取れるとなると将来ものすごい安い値段で発電ができるようになるかもしれないが、核融合反応を起こすには原子をものすごい温度に熱して互いにぶつけないといけないので、そのような状態を持続するのはとても難しくて、今回の実験のようにどれだけ長い時間それを持続できるかが、実利用に向けた大きなマイルストンになる。
核融合マシンKSTARが最新記録
「高温プラズマ一億度以上での運転時間20秒間を達成」

現在稼働している世界最大の超伝導トカマクである韓国の人口太陽がクリスマスイブに朗報です

ITERの最終設計では400秒以上を目指しており、本結果も我々の計画にFeedbackされます
人工太陽の話を見るたびにダイの大冒険を思い出します。

※ネタバレあり

大魔王バーン「太陽、素晴らしい力だ。いかに我が魔力が強大でも、太陽だけは作り出すことができん。だが神々は人間に地上を与え、魔族と竜を魔界におしこめた。人間が我らより脆弱であるというだけの理由でだ。だから余は数千年にわたって力を蓄え、地上を跡かたもなく消し去る準備を整えてきたのだ。間もなく地上は消えて無くなる。そして我らが魔界に太陽が降り注ぐのだ」
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
2,810 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン