新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一躍文春を、「文春砲」の連発で、唯一生き残れそうな週刊誌にした新谷さん、編集長お辞めになった後は、なんと文春のデジタルシフトのキーパーソンとなっておられたのか。

不倫などという本来個人的なことなんてどうでもいい、それよりかつてのロッキードみたいなスクープやってよと、直接苦言申し上げたものだが、その実行力というか破壊力は健在というより増強なさっていて、やはりすごい方なんだと敬服の至り。

そこに至るまでの社内調整のハードルは、沈没しかけたタイタニックの中で、客室の掃除の縄張りを争うみたいで、いかにも文春ぽくて、内情をささやかながらも業界人として垣間知る者として非常に興味深かったが、彼らのようなものがいるところがまた老舗の強さでもあるのだろう。

思えばそもそもヤフーニュースに、大手新聞がただ同然でニュースを提供した時から、ネットはタダ、コンテンツはフリーみたいなサステナブルでない状況が生まれた。良質なコンテンツ、取材、スクープを生み出し続けうる新しいビジネスモデルが育ちつつあることに、希望を抱く。
うーん。記事は書籍の抜粋だが、見だしがミスリーディング。日本最大のニュースサイトはもちろんヤフー。コロナ禍では月間pvは200億pvを超えている。

つまり文春オンラインの70倍近い影響力があるということになる。

さらにいえば、日経は電子版の有料会員のためのもので、月々4000円を越す有料会員は70万人以上いる。電子だけで売上は200億円以上ある。これも文春オンラインの売上の20倍はあると推定される。

文春オンラインは無料広告モデルのニュースメディアのなかでは、月間のPVが3億を超えたということで、それはそれで立派だが、少し前までは東洋経済オンラインも3億を超えていた。

無料広告モデルのニュースサイトでの限界がそのあたりにあるのだろう。

文藝春秋が次に構築しなければならないのは、有料講読モデルの拡大だ。月刊文藝春秋を核として文藝春秋デジタルは、記事の更新を多くすること、海外の提携媒体をうること、等で可能性はあると思う。

派手なエピソードに惑わされず、このように立体的に見ていくと、違う姿も浮かび上がってくる。
ご同慶の至りです。紙媒体の売り上げで支えられてきたメディアの転換の難しさと成功体験と可能性がよく描かれているリポートです。メディアとしては「ある、ある」のオンパレードです。そして、成功のプロセスは、魔法も奇手もないオーソドックスなものです。ただ、なぜ文春デジタルが成功したかというと、抜群のスクープ力があるからです。そのパワーがないのに、やり方だけ真似ても成功はできません。その意味でも示唆をくれます。

最後の編集長の言葉はその通りだと思います。また、それこそが紙を大切にする意味であり、紙から転換しにくい事情も映し出しています。引用します。

「だったらデジタルファーストで、紙の雑誌をやめた方がいいのか? そうじゃない。自分が編集長になってみてわかったんですけど、紙という制約があることで記事のクオリティは間違いなく上がります。〆切と字数制限があり、校正も二回通る。一度刷ったら直せないから、裏取りの緊張感も半端ない。『週刊文春』がウェブオリジナル記事を出すこともありますが、やっぱり緊張感が違う。その上、ウェブでは長いストーリーはなかなか読んでもらえない。本物のスクープは、やっぱり紙で出すべきなんです」
文春記者を何人か知っているが、おしなべて取材力のある人(=粘り強く事実を確認する人)ばかり。自分が追いかける取材対象とは異なるが、見習うべき点が多々ある。スクープにも納得です
文春オンラインはちゃんと裏取らないんだ。
校正も緩いのね。

そんなんじゃダメでしょうね。
記事の品質と媒体は関係ない。

『だったらデジタルファーストで、紙の雑誌をやめた方がいいのか? そうじゃない。自分が編集長になってみてわかったんですけど、紙という制約があることで記事のクオリティは間違いなく上がります。〆切と字数制限があり、校正も二回通る。一度刷ったら直せないから、裏取りの緊張感も半端ない。』
役員陣の反対を押し切り、デジタルへのシフトを成功させる。旧来型の多くの企業が学ぶべきことですね。ぼくは反対したデジタル抵抗勢力がその後どうしているのかが気になります。デジタル庁はじめ日本のDXはその層をどかすことが課題だと思うので。
PVがあっただけで「上」とは思わないし、むしろ文春は「下」世話ネタで稼いでいるので、このタイトルはどうかと思うが、紙媒体とデジタルメディアの未来、そのトランスフォーメーションにとって示唆的な内容だった。

>役員のほぼ全員が反対だった
>それぞれ社長賞が贈られた

当時の判断に反対した役員は逆に責任を取る仕組みも必要だな


>農協を通じて配布される『家の光』という唯一の特殊な例外

なんと、そんな雑誌があるのか。


>伊集院静、林真理子、阿川佐和子ら連載陣は固定読者をつかんでいる。雑誌に新陳代謝は必要だが、変えすぎてしまえばこれまでの読者を失う。

そう言えば、「飯島勲の激辛インテリジェンス」の連載終わりましたね。


>広告収入の三分の一を『週刊文春』編集部の実績に

こういう仕組み変更の判断が大きそう


>沢尻エリカ関連だけで1億PV

とんでもねえな。ウェブコンテンツはタイミングが命ということがわかる。

>スクープはずっとあとになってから収益を上げることがある

これは良い教訓。そのときはなかなかヒットしなくても、過去の蓄積が重要になる。

>五回に分けて連日のように記事を出したところ、六〇〇〇万PVを稼いでくれました

関心が続くときは内容がうすくても五月雨式に出すと

>LINEで一本三〇〇円の記事が一万本売れた
>じつは紙の雑誌を一冊売っても、取次や書店の取り分を差し引くと、『週刊文春』に入るのは同じ二七〇円

1本で300円。一方紙は1冊で270円。すごい時代だな。


>紙という制約があることで記事のクオリティは間違いなく上がります。〆切と字数制限があり、校正も二回通る。一度刷ったら直せないから、裏取りの緊張感も半端ない。『週刊文春』がウェブオリジナル記事を出すこともありますが、やっぱり緊張感が違う。その上、ウェブでは長いストーリーはなかなか読んでもらえない。本物のスクープは、やっぱり紙で出すべきなんです

すごくわかる。たまに紙媒体の仕事をすると、すごくやりきった感じがある。
月間4億PVとは。記事のつくりかたはもちろん、LINEやSNSでの情報発信なども盛んで、ユーザーのアテンションをたくさん獲得できてる印象。
ご自身の価値観を読者への押しつけはよくないと思います。
完全に自己都合で考えている良い(?)事例ですね。

また文春が売れているのは、あくまで「スクープネタ」であり、それ以上でも、それ以下でもないですよね。

米国の老舗メディアのデジタルシフトとは全く違うストーリーであることも理解する必要があると感じました。

(以下、記事中から引用)
だったらデジタルファーストで、紙の雑誌をやめた方がいいのか? そうじゃない。自分が編集長になってみてわかったんですけど、紙という制約があることで記事のクオリティは間違いなく上がります。〆切と字数制限があり、校正も二回通る。一度刷ったら直せないから、裏取りの緊張感も半端ない。『週刊文春』がウェブオリジナル記事を出すこともありますが、やっぱり緊張感が違う。その上、ウェブでは長いストーリーはなかなか読んでもらえない。本物のスクープは、やっぱり紙で出すべきなんです

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
芸能人のゴシップを追いかける週刊誌は業者も読者もクズだと思う。

しかし、こと通常では出せないような政治スキャンダルのスクープ、すっぱ抜きに関して、文春だけはジャーナリズムがあると思います(FACTA、選択も然り)
Premiumを無料で体験
登録・ログイン