新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本ピッカー所属先の学生アンケートもほぼ同じような割合で、オンライン授業は好評。仮にオンデマンドでなくてライブでも、着替えも化粧もしなくて1限の講義に出席できることを知ってしまったら、もう戻れない……。

一方で、毎回の出席代わりのレポート課題などが多くなり、資料をディジタルで配布することなども合わせて、本来の学習時間の確保(「1コマの授業につき,1.5コマ分の予習,1.5コマ分の復習を必要とする」というのが大学設置基準の規定)や、学びの高度化が進んでいる。

ただ、学生が大学に集う意味としては、友人や教師とのリアルな交流は大事。リアルでないとできないことは何か、あるいは、どんどん高度化するオンラインの教材・講義よりも価値のある充実したな講義が求められる。

大学経営的な関連からは、良いオンライン授業を買えば、教員の人件費を減らすことも可能。研究大学であれば、研究に割くエフォートを増やすことにも繋がるかもしれない。いわゆるCommunity CollegeとUniversityの差別化が生じるということも考えられる。

ともあれ大きな変革のとき。激動の環境を生き延びるには多様性が大事というのは進化生物学の基本。
オンラインでの講義が普通になった今、回数を重ね学生とも意見交換をしながら それぞれのスタイルが確立してきた。
移動の時間が節約でき社会人にとって大きなメリットもある。
授業の前後の軽い雑談などがもっとうまくできれば、と思ったこともあったが 今は工夫しながら新しいコミュニケーションのスタイルができてきた。
一方で、人々が集まる場としての経験や体験がないまま卒業するのも 残念。 対策を立てながら両立したい。
いつも似たようなことを発言してしまうので、ちょっと異なった視点を。

オンライン講義=録画でいい

と思ってしまうかもしれませんが、私が担当した演習では例年にも増して多くのTAを配置して講義時間中に質問がでたらブレイクアウトルームでサポート、講義時間外はSlackで質問・トラブル対応をしていました。おかげで、こちらがびっくりするほどの成果が上がりました。しかし、例年と比べて労力が減ったかと言われたら感覚的には倍増させました。

一方、当然のことながら雑談はなくて学生同士が仲良くなるチャンスがないのが残念。また、TAの先輩に「あの研究室ってどうなんですか」とか「なぜ大学院進学を選んだんですか」など質問する雑談タイムもない。

あと、座学はオンラインでいいかもしれませんが実験系は辛いですね。理論と実験結果のズレを考察することが学びなので物理的に実験装置に触れることが必要です。シミュレーションというわけには行きません。
重要なことは、選択肢を提示することだと思う。オンラインのみだと、リアルで参加したい人の機会を奪います。一方、リアルのみだとオンラインで参加したい人を排除します。大学側は、手間とコストがかかるけど、ぜひオンラインとリアつのハイブリッド型で選択肢を提示して欲しいです。ちなみにグロービス経営大学院は、すべての科目に日英の双方の言語で、オンラインとリアルの選択肢を提示しています。
適当にやってた授業が減った分、全体評価が上がった、って事はないですよねぇ

ナマイキ言ってスミマセン

何とかこの流れを人件費削減->学費値下げ、まで持って行って欲しい、と期待しています

あ、コレはメリケンのハナシですが
社会人学生が過半の専門職大学院としては、ライブ型のオンライン講義が今後のスタンダードとなるように思います。なにより場所を選びませんし、グループワークなどもZoomの機能でカバーできますし、欠席者や復習用にオンデマンド録画を用意するのも簡単。講義内容をオンラインに最適化させるのは教員の仕事ですし。
唯一の不便は、ゼミの後に田町「やまとや」で肉どうふや焼き鳥をつつきながら皆んなで歓談できないこと。オンラインだと酒やつまみを準備する手間がかかりますし。実はこの時間が大事なんですけどね…!
学生はオンライン授業の継続を求める。当然だし、肌感覚に合う。
けれどキャンパスの開門も求める。当然だし、肌感覚に合う。
だから、キャンパスは開いて、授業はオンラインを続ければいい。
iUはそうしている。
しかし、文科省は授業を対面にするよう指導する。このズレは、政策のベースとなるデータの取り方が間違っているからではないか、という指摘。大学のクライアントである学生をどう考えているのか、を把握して政策を立てる手法が求められます。
本学は前期が完全遠隔講義でした。1年の初年次科目のワークショップ形式の講義も遠隔講義、Zoomでした。
ただ、教室講義でも行っているグループワークはブレイクアウトを活用し、常時ビデオONにしていました。発表も意外と発表者の顔が近い(ビューによるけど)。ワークシートもPDFファイルで配布して、印刷して、講義内で記入し、GoogleFormから画像提出させるチャレンジもしてみました。

そもそも、オンラインで非同期の講義も多かったりして、1年同士がコミュニケーションできるのが良かったみたいで、例年よりも学生からの授業評価は高かったです。褒めて欲しいくらい(笑)。

月曜1限という負担感強い科目なのに、そんな結果だったのは、通学時間の負担なく、おそらく授業開始5分前に起きれば余裕で間に合うことにもあったのではないかと思ってます。また、このような対応が学生側でできたのも、情報系の単科大学でPC保有率も高かったことや、そもそものリテラシー高かったこともありがたい限りでした。
教える側の実感としては、オンライン授業で単位が取れるのであれば、対面授業の受講率はかなり下がりそうな気がします。
オンライン授業でも工夫次第で教育効果は得られます。
例え対面に移行したとしても、オンラインのメリットを知ってしまったので、ハイブリッド化は必然だと考えます。
通学時間の効率化やインプット重視の講義の動画化は、時間に縛られずに学べるメリットがありますし、少人数の議論すらブレイクアウトルームで深めることが可能です。
実習や実験は対面でなければ意味がありませんし、しっかりと議論しなければならない時は対面に利があります。対面の価値が強く問われるようになるので、適切な使い分け問題です。

記事にもあるように、基本的に満足している層からは意見は出ません。