新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ステイホームで家族が一緒にいる時間が長くなり、「絆が深まった」という声の一方で、かえって居場所がなくなったという声も。
コロナ禍で私たちはリモートで多くのことが実現できることを学びましたが、オフィスや学校、アルバイト先、飲み会など、リアルな場には気分転換をする「逃げ場」の役目があったことも改めて知りました。コロナ時代の「孤独」と「つながり」を考えた、2020年振り返り企画の1本です。
孤独は人をパワーレスにします。
リモートワーク環境が浸透したことで、つながりは目に見えないもの、意識して行動をしないと認識できないものになってしまいました。
つながり、よりそい、支えあう支援を必要とする方は多くいます。そうした方に相談の窓口があることが少しでも伝わればいいなと思います。
Withコロナの時代だからこそ、やはり自宅・職場いがいのサードプレイスは重要。手前の場合はフィットネスクラブや行きつけの立ち飲み屋ですが、多様な選択肢が必要。
関連記事一覧
【為末大】一度ハードルをやめた、あの時 苦しい時は「自分の心を観察する」
朝日新聞GLOBE+
30Picks

「死にたいと思うと、安心する」チャット悩み相談に寄せられる10代の逃げ場のない孤独 - 死を願う子供に相談員がかける言葉
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
5Picks

非接触の時代、「無人コンビニ」が集めた注目<レビュー2020>
朝日新聞GLOBE+
3Picks

日常生活を無人でモニタリング ステイホームの安全はテクノロジーで守る
AIケアラボ
3Picks

【大江千里】いつか来る収穫の日のために、僕は自分という畑を耕し続ける
朝日新聞GLOBE+
3Picks

ステイホームの裏側で(写真=AP)
日本経済新聞
2Picks

「ステイホーム」「自助」への違和感。芥川賞作家が見つめる社会の“歪み”
BuzzFeed
2Picks

新生活、ステイホーム心が折れかけた時に覚えておきたい自分の守り方
ビジネスジャーナル
2Picks

ステイホームの続く子供に「たまには遊園地に行こうか?」と誘ってはいけない - 日常のストレスは、日常で発散する
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

「ステイホーム」下で母親たちが味わった「絶望と悲鳴と笑い」、社会はそれを忘れてはならない
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks