新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取り上げられないよりはずっと良い。その上で、ちゃんと理解してくれよ!とは思う。しかしさらに言うなら、このように描かれるのは我々がこのように見えていると言うことに裏返しでもある。
日本もコミュニケーション上手になって相手に自国の良さを尊敬される形でうまく伝えていくことが必要だ。アニメを売っていたらオタクイメージが、寿司を立てれば寿司職人のイメージが日本を代表するものになっていくのは当たり前だ。
日本が今後売り物にできるのは文化だから、(この理由は長くなるので端折りますが)国には売れる文化を売るのではなく(ここは民間でも割と出来る)尊敬される文化を持つ国として、ふさわしいイメージ発信をして行ってもらいたいと思う。
その時にいきなり伝統的な価値観を出しても誤解が生まれるばかりで、翻訳機が必ず必要なものだ。KonMariさんが神道の価値観を伝えたとみなされているように、なんらかのハマる翻訳機能は必ずある。(逆に何かがハマっちゃってるから今のように解釈されてるわけで)

私は個人的には自分が何かできる範囲だと、日本歌曲にその翻訳機の可能性を大いに感じています。山田耕筰や中田喜直の曲の芸術性は海外でも次第に高く評価されてきているし、西洋音楽の手法を使っているので海外の人も理解できる範疇にある芸術。その上クラシックは原語で歌うのがお約束ですから日本語の響きや詩の世界観も伝えられる。ちなみに、PDFでの楽譜や詩の発音記号の整備が遅れているんですよね〜。もっと海外に日本の歌曲を伝える活動を加速させていかなくちゃなぁ!
Netflixのようなグローバルに動画配信できるプラットフォームができると最初から全世界に受け入れられる作品づくりが前提になってくると思うので、そうなると人種ごとのステレオタイプに囚われるのではなくよりフラットに作品づくりをすることが求められるのかなと思います。
クレイジーリッチの映画がヒットした際に、何かの記事でWhite Asianという言葉を初めて聞いたのを思い出しました。東アジア人(中国、日本、韓国人など比較的肌の白いアジア人)を指す言葉で、アジア系の物語が増えたと言っても白アジア人に限った話でそうでないアジア人がは未だに無視されたままだ、といった内容だと記憶しています。そういう線引きがあるとは知らなかったので、それは自分が「優遇されている」グループに属するからで、自分は優遇されていないグループに対してインセンシティブだったのかも、とちょっとショックでした。優遇されてるグループは自分が優遇されていると気づいていない、ということに気付かされた瞬間でした。
ステレオタイプに描かれがちなのは、作り手も観客もどこかでほんの少しの優越感による安心を得たいという無意識のうちの潜在的な欲求を持っているるのではないでしょうか。
それはおそらく日本でも同様でしょうね。
最近、79年の邦画作品『太陽を盗んだ男』がラインナップされました。時々名画座やBSなどでやってましたが、名作です。
新しいことに挑戦すれば、最初は完成度が低いこともあります。

そこでの失敗から学び進化していくのですから、現時点での批判は何の意味もありません。

その失敗を受け入れられないから、新しいことに挑戦できないのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
アジア系含め、今後はよりマイノリティに絞った作品に注目が集まる。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
25.0 兆円

業績