新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
第二次世界大戦の時も、初戦で被害を出したが、圧倒的な生産能力と補給・展開能力、ゲームチェンジャーになる技術革新で逆転したアメリカ。
人気 Picker
私の所属医療機関でも医療従事者の接種は順調に進んでいます。ワクチンブースには、毎日長蛇の列ができています。

これまでの臨床試験で、副反応は接種後2日間にその大半が現れていますので、6名の重篤なアレルギー反応を除いて100万回接種を超えた時点であまり目立った重篤な副反応報告が出てこないのは、今のところ良い兆候と言えるのではないでしょうか。

私自身、動画でお伝えしましたが、殆ど何もなく第一回目の接種を終えました。なお、有効性が出始めるのは接種から約2週間後で、効果が最大化するのは約1ヶ月後になると予想されます。

皆、3週間後に二回目の追加接種が必要になります。とても大がかりなワクチン事業ですが、細かなトラブルはあるにせよ、今のところ順調にに進んでいると思います。
【スピードが勝負】
やはり、米国には危機対応力がある。

全米に946万回分以上の新型コロナウイルスのワクチンが供給され、100万8000回以上接種、というスピード感からは、安全保障ということを常に意識しているアメリカという国の底力を感じる。

「2月までに1億回」という目標は、このスピード感で進めなければおぼつかない。コロナウィルスを圧倒するスピードが「社会経済の機能を回復させ、人々の生活を守る」ためには必要だということを、今回の米国の対応から、われわれ日本人は学ぶべき。
数年かかると言われたワクチンをあっという間に完成させ、治験を済ませて1年を経ずして大量に接種できるまでに持って行くスピード感。残念ながら我が国のワクチン開発は今回は間に合わず、接種の開始も随分と遅れそう。自虐的になりたくはないけれど、いろんな局面で見られるこうした違いが彼我の成長力の違いを生んでいく・・・ (・・
結局ちゃんと力技で何とかしてくるところがアメリカの底力だよねぇ。。
いざというときの米国の兵站の凄みを感じる。第二次世界大戦の時もこんな感じだったんだろうな。序盤の躓きを圧倒的な物量で巻き返す。


米CDCによると全米に946万回分以上の新型コロナウイルスのワクチンが供給され、100万8000回以上接種された。来年2月末までに1億回分のワクチン供給を目指す
2週間ほどですでにワクチン接種100万回超えという米国のスピード感。副作用としては重篤なアレルギー反応が数例とのこと。集団としての感染予防の効果が現れるのは1月半ばだろうか。少なくとも医療従事者の方々がまず守られてほしい。
数週間前、大学からワクチン接種スケジュールの待ち順を決めるアンケートが来ましたよ 来学期対面授業の予定はないし、研究はリモートでできるので、接種優先度の高い業務はない、と答えておきました

ミシガン州の優先度レベルの定義に、子供が入っていないのは現状では仕方がないと思いますが (小中学校の先生は入っています)、ワクチン接種無しに、小中学校の対面授業全面再開は難しいと思いますねぇ 少なくともウチのムスメ達は行かせたくありません
バイデン政権発足後ではなく、トランプ政権の最後でワクチン接種が始まったことで、ワクチンに対する「陰謀論」はまだ控えめになっている気がします。
100万回接種でもあと3-4週間後に同じ人達に二回目を摂取しないといけない。一回接種ならどんどん積み上げりゃいいんだが。二回目でどれだけの離脱率があるだろうか。それに人口3億人以上だからまだまだ道のりは長い。

ワクチンの国内承認は政治判断で進めてもらいたいもんだ。すでに中東や中南米でも接種は始まっている。日本国内での治験義務付けは合理的ではないし、必要性もない
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア