新着Pick

わいせつ対策の法改正断念 文科相、教員免許再取得で

共同通信
萩生田光一文部科学相は25日の閣議後記者会見で、わいせつ行為で懲戒免職となり教員免許を失効しても、3年経過すれば再取得可能としている教育職員免許法について、期間を延長して規制強化する法改正を断念すると明らかにした。
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
失望しかないニュースです。
子どもたちの安全と、わいせつ教員の職業選択の自由が天秤にかけられて、後者が優先されたということです。
萩生田大臣も改正に前向きであっただけに、残念すぎます。文科省の一部に強力な反対勢力がいるとしか思えません。

そもそも、教員採用試験の点数が低ければ教員になることを拒絶できるのに、強制わいせつの経歴があることでの拒絶はできないとする論理には、全く納得できません。
さらに言えば、わいせつ教員が再チャレンジできる環境も整えるべきだと言うなら、そのための特別免許状制度でも作ればいいわけです。そちらで厳格な要件を定めて再チャレンジ可能にすれば、子どもたちの安全と職業選択の自由は両立可能です。

要は、文科省担当部局の思考停止と、何より志の低さです。これは猛批判に晒されてほしいですし、法制度改正まで絶対に持っていきます。悔しい。


追記:内閣法制局による見解という話が追記されたようですが、そもそも内閣法制局のせいにするなという話ですし、じゃぁ文科省は何をするのかという対案が「懲戒免職の情報を官報に掲載する際、わいせつ行為が理由と明記する規定を設ける」って、本当に問題解決する気ありますか?他にできることいくらでもあります。

最近文科省は前向きにがんばっていたことも多かっただけに、この問題の旧態依然とした思考停止は本当に残念です。
なぜわいせつ行為を犯した加害者側の権利が守られるのでしょう?

また、教員免許を取得できない期間が「3年間」だと「個人の権利制限」にはならないが、「5年間」に延ばすと権利制限だと判断したのでしょうか。

法解釈自体に納得がいきません。
幼児性愛は治るとかいうものではなく、再犯率が高いのは周知の事実。内閣法制局は、こうしたデータの積み重ねや精神医学の発達を無視して、刑法ができた大昔の観念で判断してるのだろう。
それはなぜかというと、子供のためを考えているのではなく、これまでのやり方を初めて大きく変えるのが自分であるのは嫌だという、保守的というより保身的な考えによるのではないか。
立憲民主党も共産党も、こういう問題で政府をもっともっと追及すべきではないか。安倍叩きだけ!に熱を上げていては、どうせ野党は反権力のスタンドプレーしか考えてないんだろと冷めてみている若い世代の支持は永遠に得られませんよ。
>刑法の規定上、実刑判決を受けても服役後10年が経過すれば、刑を受けたことがない者として取り扱われるとの指摘があった

実刑判決を受けた教員だけでも、10年間は取得できなくできるはずですが・・・。

弁護士法6条1項でも、「禁錮以上の刑に処せられた者」は弁護士となる資格を有しないと規定しています。

憲法が保障した「職業選択の自由」の見地からしても、現在の教員免許の制度より厳しくすることはできるはずです。
一応プロピッカーなので誰にでも言える感想だけの投稿は出来るだけしないようにしてるのですが、この記事についてはここにいらっしゃる大半というか世の中の加害者以外(いや再犯したくない加害者ももしかしたら)が同意見で説明不要ではないかと思うのでもはや書く気も起きません。法で一体何を守りたいのか。脱力します。
そこまで復職をお許しになりたいなら、GPS足輪もセットでお願いします

ご参考 (GPS足輪について)
https://newspicks.com/news/5068477
確かに、犯罪者に対する人権制約は慎重にしなければならないのですが

刑法の規定上、実刑判決を受けても服役後10年が経過すれば、刑を受けたことがない者として取り扱われる

わいせつ罪特に小児に対するわいせつ罪に関しては、嗜好によるもので再犯率が高くなります。これは、犯罪者という趣旨での制約ではなく、一種の疾患として制約すべきことなのだと考えられます。
→これは人権制約という範疇ではないのでは?

https://nikkan-spa.jp/1481525
小児性愛は病気なのか?人口の5%いる彼らの犯罪を防ぐには

本人が問題ある嗜好だと自覚すれば、教員として働こうとは考えないのではないでしょうか?
もし、教員として復帰しようとする場合には、特異的な嗜好を克服することを義務付けることは、別の視点から可能だと思いますが、どうなんだろう?
こちらも観測気球をあげながら、最後までやりきれず…。3ヶ月が経って、早くも菅内閣の実行力・突破力には疑問符がつくことばかり続きますね。
法制上、そうあるべきなのかもしれないが、それで事件を再度起こす可能性が高いならば、対応せざるをえないのではないか。被害者となる人のことを考えてほしい。
懲戒免職の理由がわいせつと記載されるならば、それを参照するしかないが、本筋としては、これを機に再度法改正に向けた議論されることかと。
バカな国だよホントに。こんなんで自分の子供を日本の学校に入れたいとか1ミリも思わん。優先順位がめちゃくちゃすぎて手の施しようがない。