新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アントをしてもこんなことが起こり得るなら、中国でのビジネスは起業家にとっても投資家にとってもリスクが高すぎる。イノベーション大国の座を自分たちで壊しにいっているようにしか見えない


ある専門家は以前、Business Insiderに対してアントには課題があると述べた。もしIPOを再開したいのであれば、中国の新しい金融規制に適応し、上場資格を得るために再申請をしなければならない。もしそうなっても、アントはかつてのような話題性のあるフィンテックの破壊的な企業にはならず、より保守的な銀行の手法を用いる可能性が高いという。WSJが報じているように、アントが資本不足に陥った場合に備えて、中国の銀行がアントを買収する可能性もある。
昨日の中国政府のアリババに対する調査について、ロイター通信の解説記事。昨日のニュースはこちらです。

中国がアリババを調査、独占的慣行の疑いで-アントも呼び出し(Bloomberg)
https://newspicks.com/news/5488706/
独占に近づけば近づくほど得られるものも大きくなるけれど、規制と責任も重くなり、イノベーションとは対極に。究極の成長の先にある甘美な罠。
健全な競争のためには必要なことは分かりますが、影響が半端ないっすね。

米国ADRでいうと、アントのドタキャン前からみると、310ドルから222ドルに。30%弱の下落して200B吹き飛んでる。
中国は第14次五か年計画の段階では、含まれていなかった「独占禁止法の強化」という目標を、先般の中央経済工作会議では8大目標の一つとして急に組み込んできた。中国のプラットフォーマーへの圧力は一過性のものではないと考えたほうがいいだろう。
ソフトバンクへの影響は…?
最高のD11の後の…
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績