新着Pick
1171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
対談させていただきました。
初めて言語化することばかりで、やはり対話によって色々な化学反応がおきるんだなあ、と感じたひとときでした。

学びととmy テーマの実践を行き来するのが必要なのは、
学んだことを実践し、具体化して、周りも巻き込んで影響力を発揮してみると、また新たに手ごたえのあるリアルな問いにぶつかる。そうすると、常にその問いをもちながら、また新たな学びに対するアンテナが上がる。
これがつまり、かなりリアルな「進化」のプロセスだからじゃないかと。

変革人材は、ロマンチストであり、リアリストでもある。
だから学びのアンテナを上げながら、実践しつづける。

こういう時期だからこそ、皆がそうあれたら素敵だなと思います。
やりたいことが見つからない、という相談を私もよくもらいますが、佐々木さんの提唱する「Myテーマ」はわかりやすいと思います。まずは、興味をもつ領域や、ここが変わったらいいなと変化の入り口に気付ける領域からスタートしてみることが大事。

初めからいい言葉にしようとしすぎると、なぜ自分が取り組むんだっけ?とわからなくなってしまうことも。初めから見つからなくても、いつの間にか見つかっていたというのでもいいのではと思っています。
「変革屋」のお二人の対談、膝を打ちながら取材させてもらいました。
なかでも発見だったのは、変革人材=アイデアマン(だけ)ではないということ。
「既存のビジネスポートフォリオや組織体制を新たなスタイルへとトランスフォームできる人」というのは本当にそうですね。
上手にみんなを行動させる人がいないと、結局変革は成し遂げられない。
2021年、私もそういう人になりたいです。
>「やりたいこと」を明確に言語化していなくとも、たとえば「仕事を進める上でここは変だな」とか「組織がこう変わったらもっと良くなるのに」と感じることはあると思うんです。

言われたことをそのまま受け止めるのではなく、一度自分の意見を考えてみる。何事に対しても、一度自分の頭で考えてみる癖って大事。