新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
KINTOはCMの出稿料などを見ると、年間数十億の投資をしていると思いますが、個人向けリース市場は、まだまだ収益性が確立されていないマーケットであり、リスクを取ってこの規模の投資ができるのはトヨタさんくらいしかいないですね。
また、KINTO自体をモビリティサービスカンパニーに生まれ変わるトヨタのブランディングにも活用して、単体ではまだまだわからない個人向けリース事業を、より大きな枠組にしているのは上手だなと思います。
認知度が高いから利用されているとは言えません。個人リース商品は保険やメンテナンス込みですからショップにとっても付加価値の高いものです。利用者も月次の支払いが平均化されるのが受けています。ただし、リースですから所有者は移転しませんし、一般的に途中解約はペナルティが発生します。それぞれのライフスタイルに合わせて、現金か、残価設定ローンかを選びたいものです。
テレビCMの効果です。以上。
若い方の保険料が安いのはいいですよ。
そりゃあれだけCM打ってれば認知度トップでしょう。

KINTOが他の個人リースに比べて絶大なるアドバンテージは、
途中解約可能であること。
https://newspicks.com/news/5297283/

〈再掲〉

自動車サブスクとか言う多くのサービスは、個人リース商品。
個人リースの場合、車両本体は残価設定ローンに加えて税金や保険料もリース費用に含めたもの。
だから、特定の条件以外の方にはコストは割高になる。

企業なら資産計上を抑えてコスト処理する減税メリットはあるが、多くの個人の場合はそのメリットは無い。

本来コストメリットを謳うシステムではない。

しかし、リースは毎月支払い金額の平準化と手間が省けるのが魅力。

それに加えて、KINTOは一定額の違約金を払えば途中解約可能。
多くのリースは途中解約時に一括精算が必要な為、途中解約は事実上できない。

そこがKINTOの魅力。
6ヶ月間リースを契約期間(3年や5年)自動更新と言う設計。
先がわからない状況でも、いざとなれば解約すればいい。

なぜそれを誰も説明しないのか。

以下コメント参照
https://newspicks.com/news/5230132/

https://newspicks.com/news/5098532/
アンケートのイメージが示しているように、購入とサブスクを比較して「高い」のか「安い」のか分からないのが多くの人々の認識だと思います。

もちろん、車に乗る頻度等によって異なってくるので、業者としても一概には示せないのでしょう。

また、地方では車は必須の交通手段なので「一人一台、馴染んだ車」というスタイルを崩すのは容易ではないと思います。

サブスクのビジネスチャンスとしては、ガソリン車がEVに切り替わる時ではないでしょうか?

新たにガソリン車を購入することを躊躇する人々が、「つなぎ」でサブスクを利用するケースが増えると思います。
モビエボ、モビエボ、モビエボ!
たしかにkintoしか知らなかった…