新着Pick

バスの2倍・鉄道の5倍以上CO2排出、脱炭素へ航空機産業を導く政府の計画

読売新聞
脱炭素社会の実現に向けて、航空機産業を対象とする政府の実行計画が明らかになった。二酸化炭素(CO2)を排出しない水素航空機の主要部品の開発を企業に促すとともに、植物由来の燃料の普及に道筋をつける。航空機からのCO2排出
324Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
移動手段も便利さやホスピタリティだけではなくCO2排出量で評価するという時代が到来しつつあります。

バイオ燃料料金の差額分を支払うことにより、形式的にCO2排出を削減するというプログラムを提供しているKLMオランダ航空など、既に意識の高い企業や個人向けの差別化戦略を形成している事業者もあります。

グリーンリカバリーも後押しして航空機の切り替えや燃料改革が進んでいる国が多々ある中で、航空機の素材や部品を多く世界に供給している日本にとって、この流れについていけるようにならなければ、産業競争力が失われるということにも繋がりますし、バイオ燃料の選択肢を持たない道を選ぶことは、将来の可能性を閉ざすことに繋がるリスクとなるかもしれません。
一番の問題はガソリンもジェット燃料も同じ原油からの連産品であることです。つまり、EV等によるガソリン需要の削減と同時にジェット燃料も代替え案を考えないと、結局はジェット燃料の生成過程で無駄なガソリンが大量に生成されて根本的な解決にはならないということです。

車は電気、飛行機はバイオ燃料などとなれば、本当に化石燃料に頼らない仕組みができる可能性があります。これがまさにユーグレナが目指しているところだと思います。
一つ一つの需要で二酸化炭素はじめ温暖化ガスを減らしていく取り組みは重要だと思う。それらの総和が全体につながる。一方で、すでにコメント欄にあるように全体での構成比の意識は重要。
極論だが、便利さ・快適さを捨てれば、エネルギー消費は減る。でもそれは人間の根源的な欲求と反する。だから知恵が必要だし、ニーズごとに適所適所で解が異なると思い、単位効率の数倍というヘッドラインだけの議論は好きではない。
記事はこの後の有料分で,脱炭素に向けた機運の高まりに合わせ,政府は国内企業を後押して,新たな産業の柱にしたいと考えている,と続きます.

脱炭素社会を目指すなか,航空機産業だけはそうはいかず,申し訳ない限りです.なぜ飛ばないといけないのか,哲学的な問いですが,考えないといけません.本来,「航空」は無用の長物であり,間違いなく,人類の歴史で消えてなくなるものだと考えています.とはいえ,短期,中期的にはそうは言ってられない.

ICAO(国際民間航空条約)は2010年,2021年から2050年の間,燃料効率を毎年2%改善し,2020年以降国際線のCO2総排出量を増加させないことを決めました.これをCNG2020(Carbon Neutral Growth 2020)と呼びます.
これを達成するために何ができるのか.思いついたことを挙げると,
・運航・整備における燃料消費削減
 機体重量の低減
 Derate Thrust Take-Off, CLIMB, ECON Speed Cruise
 One engine Taxing,空港面での燃料減
 Idle Reverse 他
・低燃費航空機・エンジンの導入,機材更新
 ターボファン・エンジンの大口径化
 Geared Turbo Fan Engine導入
 タービン材料革新による耐高温化・軽量化
 Winglet, Wing Tip Fence 他
・持続可能な航空燃料(Sustainable aviation fuel; SAF)の導入
 バイオ燃料とか.
・水素航空機の開発
 ただいま研究開発中.あと20年くらいかかりそう.
・電動航空機の開発
 ピュア・エレクトリック.電池重い.ドローン(空飛ぶクルマ),小型機から.
 パラレル・ハイブリッド.ターボファン・エンジンにモーターを組みこむ.
 シリーズ・ハイブリッド.ガスタービン・エンジンで発電し,モーターでファンを回して推進.EVもそうですがモーターにすると設計の自由度が高く,空力性能の高い機体設計が可能.

世界のEV化についてよくある論調が,エンジン技術やHV技術で日本に勝てない国がEV化でゲームチェンジを図っているというもの.それが正しいかどうかは知りませんが,航空機産業も大きく変わらざるを得ず,そこに日本の製造業の活きる道があると思います.
飛行機はCO2排出量が非常に多く、気候変動に与える影響は非常に大きい。下記記事の最後にもありますが、エコカーを買うよりも飛行機での出張を控えるほうが温暖化防止に効果的という場合もあります。
https://newspicks.com/news/4615713/body/
ICAOのCORSIAね

https://www.icao.int/environmental-protection/CORSIA/Pages/default.aspx

最近ここのレポートばかり読んでる
軽くして出来るだけ風を使った飛ぶ。
環境対策が進むのは良いことですね
読売の有料記事なんですよねぇ。
まあ、東京と大阪の移動なら新幹線でいいよね。
羽田と伊丹の飛行機との効用の比較は今でもギリギリだから、温室効果ガスを考えれば、止めた方がいい。