新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人投資家の中には「店頭や窓口で何を訊けば良いのかわからない」という人が多いです。
そういう人には営業マンに対する究極の質問をお勧めしています。
「それはあなた自身が買ってますか」

金融商品はどんなものでも「必ず勝つ」ものは100%ない。
だからこそ、営業マンは自分が勝てると思って自分も買っているものを他人に勧めるべきだ。
いわば顧客と「同じ舟にのる」べきだと思う。

営業に「預かり資産残高連動型に加え、新たに残高が増えた分に連動する成功報酬型を取り入れ」・・・
このような「ノルマ営業」の亜種を導入する前に、営業マンにも自分が売るものを買わせる制度を導入する方が良いのでは。
証券会社の資産運用営業に成功報酬制を導入するとは・・・個人的にはとても恐ろしい話です。

早い話、手数料の高い商品をガンガン売りまくった営業マンが多額の報酬を得るということですから。

「銀行や証券会社に資産運用の相談をするのは、赤ずきんちゃんが狼に人生相談をするようなもの」
という名言がありますが、
「狼の方から(営業という形で)襲ってくるようなもの」
になってしまうのではないかと、心配になります(汗)
WEB版で右に「関連する企業」として表示される企業データがSMBCフレンド証券になっています。同証券は2018年にSMBC日興証券に吸収合併されているので、ここは記事に出ている企業でもあるSMBC日興証券のデータを表示してほしいところ。

それはさておき、WEB版のこの右に出てくる関連企業の機能は、スマホ版にはない便利な機能。
従来型の証券・資産運用ビジネスの利潤が消失するなか、各証券会社が新しい付加価値提供と利潤の源泉として資産運用アドバイス(コンサル)の領域に大きく舵を切っており、その事業スキームの構築や報酬体系の設計等を急ピッチで進めています。
ただ、それらスキームや報酬体系は確かに顧客と金融機関がWin-Winの関係(Interest Aligned)を築くのに重要ですが、それだけでは「仏作って魂入れず」になりかねず、本当に顧客に寄りそった付加価値を提供するための倫理観や専門性等のソフト面の充実が欠かせないのは言うまでもないと思います。
今までも証券会社の中には「僕も買いたいくらいです!!」と口八丁で売り付けて、為替とか暴落した後連絡してみたら異動しましたと言われるみたいな営業マンがいましたけれど、タイトル読んでまずそういう事例が頭に浮かびましたね。

新たに残高が増えた分に連動する体系も作るということですがそうすると市場全体の下落とか不況が思い切り働き手側に響きそうだし、この記事の情報だけだと顧客側も営業マン側も向いていないような気がしてしまいますけどどうなのでしょう。記者にはそういうところをつっこんでほしいです。
回転売買が禁止され顧客本位の営業が義務となったこは、この国の証券投資の民主化に大きく貢献したと思います。一方、こんなに世界中のリスク資産が上がっているのに、投資の大衆化は滞っています。今回のような新しい取組が上手くいき、成功する前例になって欲しいですね。
個人向け営業などに成功報酬制を来秋導入する計画が明らかになった。来年3月には専門部署が立ち上がりコンサルティング営業が強化されるとのことです。
株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.27 兆円

業績