新着Pick

脱炭素電力需要30~50%増 政府想定、再生エネ拡大

共同通信
脱炭素電力需要30~50%増 政府が、目標とする2050年の温室効果ガスの実質排出量ゼロに伴い、電力需要が現状より30~50%増加...
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エネルギー分野では、
ー洋上風力を中心とした再エネ大幅拡大
ー水素、アンモニアへの燃料転換
ー原子力技術の継続と小型原子炉開発

また、輸送機器(自動車)でも、電動化という具体的な方向性をだしています。
これで、二酸化炭素排出の60%弱がカバーできるし、それ以外の農業や家庭への方針も出ている。

発表を見て、今後の議論と考えるものは、
ー EVの後継としてFCVを位置付けるか? ー> それでエネルギー分野の内容が変わる。
ー 二酸化炭素排出の25%を担う産業部門での具体的施策 ー> 水素、アンモニア、電化だろうがまだ見えない。

願わくは、米・中・欧の後塵を拝したくなかったが、まだ間に合うので、スピード感のある施策であたりましょう。
20円/kWhを国民は受け入れるのか?を聞くべきでは
また、2019年度の再エネ賦課金総額が2.4兆円になっていますが、それ以上に増えますよと伝えないと
今後、産業や運輸、家庭などの各分野で電化を進めることで電力需要がかなり増えると想定しているようです。よりエネルギー政策が重要になりますね