新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弁護人が控訴しながら、被告本人が取り下げて死刑を確定させた裁判は、2001年の附属池田小学校事件の宅間守被告を想起します。学校に押し入って8人の小学生を刺殺した宅間被告は、法廷でも反省や謝罪をすることはありませんでした。そして、そのまま死刑を執行されました。このことも大きな罪だと思います。今回の白石被告も反省や謝罪とはほど遠い態度でした。どちらもとても残念です。被害者と遺族に深い謝罪と悔悟の念が起きてこそ裁判には意味があります。今からでも遅くない。心からの反省をしてほしいです。