新着Pick

自分の才能に気づくコツは? 自己認識に欠かせない6つのマインドセット

ライフハッカー[日本版]
『「自分」を殺すな、武器にしろ』(瀬戸和信 著、朝日新聞出版)より、自分の才能に気づくコツ。自己認識に欠かせない6つのマインドセットを解説します。
387Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分の才能に気づくコツですが、他者からのポジティブフィードバックをいかにもらえるかが大事なポイントだと思います。私はよくポジティブ(もちろんネガティブも)フィードバックを研修講師やワークショップでファシリテートを行うときに、実施するのですが、いつもルールとして、他者の発表に対するポジティブなフィードバックを伝えてからの改善のためのネガティブフィードバックをと伝えても、割とくせなのかすぐに、こうした方がよいのではと、ネガティブの方からコメントがはいる方が多いことを感じます。
あえて言葉で褒める、称えるがてれくさいところもあるのだと思います。ただポジティブフィードバックを与えることが、本人にとっての才能や強みだったのだと、本人も意識していなかった気付きを与えることができます。
双方でポジティブフィードバックを言い合える文化醸成が浸透すると、個々が自己認識できるので、おすすめです。
自己肯定感が低いと言われている日本人にとって、このマインドセットの方法は実践してみる意味がある。
もう少し自信を持って、他者と比べ過ぎないだけでだいぶ楽になる。
「人はみな、才能のタネを持っている」なんかこれがすでにプレッシャーを与えてる気がします
別に才能なんてなくても生きていけるし、重要なのはなんのために才能を見つけようとしているのかだと思います
金儲けがしたいのか、人より優秀だと評価されたいのか
才能の有無とやりたいことは違うはずなので結局はいくら才能があろうとそれをやり続けることが幸せにつながるとは思わないですね
人と比べないで、自分を信じる。

人のことをまったく気にしないようにするのは難しい。だから、気にしてしまったら、それを活かせばいい。

羨ましいと思ったら、自分もそうなりたいと考えている証拠。自分にとって価値を感じないことは、羨ましく思いませんからね。

やりたいことを見つけるきっかけです。人との差ではなく、自分の成長に目を向けて、実感する、努力する。

気がついたら、自分らしい才能が伸びていますよ。自分を信じましょう。
「自分が当たり前に行っているが他人にとっては必ずしも当たり前ではないこと」「一般常識だと感じているものさしに気付くこと」が、自身の才能のタネを発見するコツであるというのは面白い。自分自身のユニークさをメタ認知的に気づくこと=一つレベルをあげた自己認識が大事。

あと、本文で参照されている研究結果として「人の脳は1日に6万個も考えごとをしており、そのうち95%が前日、前々日に考えていたことだったそうです。しかもその80%がネガティブな思考だった」というのも興味深い。未来に向けてポジティブなフィードバックをしてもらうこと、またそういうフィードバックをしてもらえるように、自ら他者に向けてもそういうフィードバックをしていくことも大事ですね
「社長の仕事は才能を見つけること」とどなたかがおっしゃっていましたが、結局自分で一生懸命考えていてもなかなか見つかりません(実は企業も同じ)。井上さんもおっしゃっていますが、ほかの人に聞く、FBをもらうのが一番近道では?
自己理解を深め、自分の強みや才能を理解することはとても大切だと思います。弱みを改善することは大切ですが、強みを生かすと他者にはできない圧倒的な高い成果をあげることができます。

米国Gallup社が提供する「ストレングスファインダー」も便利なツールです。180問程度の質問項目に直感で応えていくことで、34種類ある強み(才能の資質)のうち、その人が上位にある5つが表示されます。

当社では、チーム内でストレングスファインダーの結果を共有することで、各メンバーが何を得意とするかがわかり、チームワーク向上に役立っています。
『「自分」を殺すな、武器にしろ』の著者です。人の強みを引き出して活かせる秘訣をたっぷり公開したつもりです。これからの時代、潜在能力を期待される年齢をとうに超えてからのキャリアチェンジは、多くの人に起こり得ることです。今あるもので、この先を戦っていかなきゃというタイミングの人に、ぜひ一読いただきたいです。
自分の強みを自分で把握することが一番難しい気がします。(本稿で言われているわかりづらい強みだった場合)

私が心掛けていることは、下記です。

価値観整理を行い、自分を知る。
その価値観に従い、行動する。
他者とは比べない。(価値観はそれぞれ)

自分を認め、他者も受け入れ、共に生きていく、ですね。
『気づき』には高い意識を持って生活する事だと思います。違う価値観のある人、モノ、時間を使い考える時間(気づき)が大切かと思います。