新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
100%アグリー!



昨日21日、日本医師会や日本病院会など9つの医療団体のトップらが異例の合同会見を開催し、「医療緊急事態」を宣言。「誰もが平等に医療を受けられる日本の医療制度が、“風前のともしび”になっている」と危機感を訴え、「国民が一丸となって真正面からコロナに向き合って」と感染対策の徹底を改めて呼び掛けた。また政府に対しても「勇気をもって早め早めの対策を」と提言した。

 だが、これについて三浦は「非常に重要なことが隠された会見だったと思います」と切り出すと、「主に会見で話していたのは、コロナ患者の受け入れを拒否している市立病院の大半の方々」とズバリ。続けて、「もっと致死率が高くて感染力の高いウイルス持つ感染症患者が来ても、拒否するんですか?」と皮肉。

 さらに三浦は、「ごく少数の病院だけにコロナ患者を集中させた結果、そこが悲鳴を上げている」と病院側の体制に不備があるにも関わらず、「全てを国民の責任にしている」と追及。会見の内容についても、「なぜ医療体制がこんなに簡単に崩壊してしまうかについての分析は1つもない」と苦言を呈した。

 昭和大学医学部客員教授・二木芳人が「病院の経営の在り方や機能の分配は見直さないといけないが、短期間でそういう根本的なところを見直していくというのは……」と、現実的には難しいと訴えた。

 だが三浦はこれについて、「命を最優先にするのであれば半年以上時間があったわけですから」と反論。「医師会だけではなく、政府、自民党にも責任がある」と糾弾し、「何となくぼやかして全部、国民の責任にされている」と不満をあらわにしていた。
「主に会見で話していたのは、コロナ患者の受け入れを拒否している市立病院の大半の方々」とズバリ。
そうだよね。
医療体制整備に対する苦言を呈する先は日本医師会ではなく政府だよ。
間違っている人、多いよね。
まだ居たんだ。