新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本『ニトリの働き方』でも、従業員一人一人に「現状否定」を求めるということが書かれていました。
代表が臨店する時は必ず「困ってることはありますか」と聞き、「特にありません」と返すことをよしとしていません。
常に様々なことに疑問をもち、課題として変化することを求めているそうです。
関心がないので、どうでもいいです。

そんなところでしょう。そもそもゴールや課題がしっかり共有されないまま、上司が一方的に話す。

そこで、意見を求められても、「特にありません」としか答えられませんよね。

まずは、部下一人ひとりが、他人事ではなく、当事者意識を持って議論できるようにしましょう。
「特にありません」という反応には、何か意見なり質問しても大丈夫という心理的安全が確保されてないように感じる。もしくは、ものすごく微にいり細にいり説明してるか、もう自立していて、ある程度の裁量で自分らでやります、になってるか。後者であってほしいと感じるところ。
ちょっと記載ありますが、ホントに質問してほしいときは事前に質問を考えておいてください。指名しますから。と先に案内したうえで指名するようにしています。

場合によっては、なぜ質問してほしいのかを丁寧に説明するときもあります。

質問することの価値をわかってもらうまで、質問の機会を強制的に作り続けることもときとして必要になると感じます。