新着Pick

日本医師会など「緊急事態」宣言 9団体合同、通常医療困難と警告

共同通信
日本医師会(日医)や日本看護協会、日本病院会などの9団体は21日、東京都内で合同記者会見を開き、新型コロナの感染拡大に伴い、通常の医療を提供できない恐れがあると警告する「医療緊急事態宣言」を発表した。
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本には各臓器の専門家(スペシャリスト)があふれており、感染症や全身をみれる医師は一握りしかいません。
コロナを診療している多くの医師は呼吸器内科、感染症科、総合診療科、救急科の医師ですが、呼吸器内科を除く医師は全て全身を見れるジェネラリストです。

感染症の教育は新しい領域で、青木眞先生がアメリカから感染症の考え方を日本に持ち込んだのが約20年前頃になります。

感染症の知識は医師の間でも未だ共通認識として不十分で、医師であっても曖昧な知識なために、一般人と同様にコロナに対する恐怖を持ってしまったという側面もあると思います。
『なぜインフルエンザが流行しても医療は破綻しないのに、新型コロナだと破綻する話がでてくるのか?』という疑問をみかけます。

なぜかは明らかで、『医療に対する負担が格段に大きいから』です。

最近のBMJに、新型コロナで入院した3641人と季節性インフルエンザで入院した12676人の症状のリスクと死亡リスクの差を比較したところ、
新型コロナは、季節性インフルエンザと比較して、死亡リスク4.97倍、人工呼吸器使用リスク4.01倍、集中治療室への入院リスク2.41倍、付加的な入院日数リスクが3.00倍と推定されていました。

▷BMJ. 2020 Dec 15;371:m4677.

新型コロナが医療資源を多く消費するのです。

感染リスクと感染防御策の労力をお伝えするのは難しいのですが、こんなたとえはどうでしょうか?

ある家庭で、15人の中学生の子育てをしているとしましょう。15人…というとすごく大変だろうと想像できますよね。とはいえ、夜間は特に多くの病院で15対1の看護職員数でもありますので、イメージは共有できると思います(4:1や7:1などもあります)。

そして、感染症の看護となると、中学生ひとりに対応するたびに、服を着替えないといけないイメージです。
これが、『普段の医療のイメージ』といえます。

新型コロナへの対応となると、どうなるでしょうか?

15人の中学生が、15人の新生児になるイメージでしょう。
新生児でも状態が安定していれば比較的なんとかなるかもしれません。しかし新生児はいつ状態が悪化するかわかりません。当然丁寧な配慮を要します(新型コロナが軽症にみえても急に悪化するイメージ…です)。

さらに新型コロナとなると、インフルエンザでは服を着替えるだけでよかったのに(十分手間ですが)、和服をきがえて帯をしめなおさないといけないイメージになります。防護服を着替えるのは大変なのです。
そんな状況で、新生児が急変したとしましょう。どんどん厳しい状況に追い込まれることになります。

もちろん、今後は病床の再編は必要かもしれません。しかし、少ない医療者でなんとか維持している場所もあるでしょう。入院されている方を退院させるわけにもいきません。難しい局面に追い込まれているといえます。
最前線で苦闘されている医療関係者の方々には感謝の気持ちが絶えません。

それにつけても、スポークスマンって大切だなあ、と思う次第です。高圧的な態度では、誰も心を打たれません。医師会は意識が「師」なのかな、と。それが間違いのもと、本来なら「士」で良いはずですが。既得権を守りたいだけのようにしか感じない。

某検索エンジンの掲示板に張り付く人々くらいしか、応援団は居ないのではないかと感じます。あの円グラフで見せるアンケート機能、世論誘導的で、いかがかと。

いずれにせよ、コロナ後には、この感染者数で緊急事態を呼びかけるような医療の供給体制に対して「大きなメス」が入ることならざるをえないでしょう。少なくとも開業医の年収を大幅に下げないと示しがつかない。代わりに看護士さんの年収は上がる感じで。

追記ですが、話を聞いてくれないから専門家会議に擦り寄るスタンスは如何かとも素直に感じます。自分たちの声の届け方に問題があったのではないでしょうか?
医療現場の方々には感謝しています。
しかしながら、なんか違うなと医療団体の記者会見には感じます。

まず、秋から懸念されていたインフルエンザとダブルで…という状況にはなっていません。
多少多いかもしれませんが、毎年のインフルエンザ患者が今年はコロナ患者に置き換わっているだけです。
では、インフルエンザ患者とコロナ患者で、どこがどう違うから医療崩壊寸前ですと、もっと具体的に説明して欲しいです。

例えば…

コロナウイルスの方が感染力が強いから、防護服などの限りがあり対応に限界があるとか

コロナの重症患者には、エコモが必要だが、エコモのオペレーションが出来る看護師や医師の数が何人しかいないとか

素人ながら、未だに理解出来ないのは、自宅療養を認めているのに、いざ入院となると、エボラ出血熱並みの防護服を皆さんが着ていること。本当にここまでしないとダメなのですか?

いずれにせよ、お正月は高齢者の方はお餅は気をつけて食べてください!→高齢者だと益々受け入れてくれる病院少なくなってますという注意喚起
とか、もっと具体的にどこに注意して欲しいか言って欲しいです
現場の医療関係者には頭が下がると同時に、春先以降の小康状態において、医療体制強化という視点から、医師会としてどのような努力をしたのかも分かりやすい資料にして一緒にプレゼンした方が良いと思います。
感染者数は欧米より一桁、いや二桁少なく、ベッド数は逆に多いと言われるのに、お医者さんが足りずベッドが融通できず「日本医師会などの9団体」が「医療緊急事態宣言」・・・ 現場で奮闘下さる医療従事者の皆様には頭が下がる思いだし感謝の念も人後に落ちない積りですけれど、そんな脆弱な体制を我が国に生んだ責任は一体どこにあり、今後、どうして行くべきなのか。責任の一端は「日本医師会などの9団体」にもあるんじゃないのかな (・・?
守るべきはいろんな要素を加味した上での人の命です。なんだか釈然としない思いが残らないでもありません。(・・;
一方で、菅総理がTBSテレビ系のnews23インタビューに先ほど応じ、全体としての緊急事態宣言について「現状では否定的」と述べました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4157020.html?from_newsapl

今夜11時からの、news23でご覧頂けます。
なぜ日本が医療崩壊してしまいそうなのか。こちらの記事がしっくり来ました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/69ad2d59b74bbc490c31879348c7bc6fe7071da3?fbclid=IwAR15ZJMXLD5v99slkFpdjIctDXjKh14a71LPqFeJwpCT8Owz25JJ1yrA038
新規医学部設置を実質的に阻むなど、医師の供給を抑制したツケが回ってきたように感じられるが。
新型コロナと「通常の」インフルエンザとを単純に比較してはいけないということがよく分かった。

自動車メーカーの企業規模を生産台数で単純に比較する間違いと同じ。なぜなら、大型トラックと軽自動車を同じ1台としているからだ。

新型コロナの感染の危険性や感染への対応工数は、「通常の」インフルエンザの3-4倍(正確な表現ではありませんが)もすると説明されている。

何ヵ月にもわたって超大型台風が吹き荒れているのに、「普通の」大雨と同じにとらえる気がしれない。

こんな状態なのに、まだオリパラ開催を主張する人達を全く理解できない。スポーツ選手を理解できない。政府や東京都を理解できない。そんなオリパラのスポンサーになる企業の経営者を理解できない。

そんなオリパラに、さらに巨額な資金を投じようとするのはどうしても賛成できない。
むしろ、直ちに、中止し、その資金をコロナ対策に充てるべきだ。医療機関や医療従事者への支援に使うべきだ。

世界でオリパラ開催を主張しているのは日本だけらしい。日本は、無能な政治家と利己的なスポーツ選手によって哀れな国になったようで、悲しい。