新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が一昨年まで勤めていたスタンフォード大学では、ワクチンの配分を巡って大学病院の判断に抗議する集会がおきて、全国的なニュースになりました。自宅勤務の教授が優先される一方で、最前線で働く研修生が除外されていたからです。これからも、こう言った優先順位を巡る対立は続くんじゃないかと思います。エリートや金持ちでは無く、本当に必要としている人達にワクチンが行き届く制度の設計が重要だと思います。


スタンフォードに関する記事(英語)
https://www.npr.org/sections/coronavirus-live-updates/2020/12/18/948176807/stanford-apologizes-after-vaccine-allocation-leaves-out-nearly-all-medical-resid
医療従事者も、まだ救急外来や集中治療室に勤務する医療者への接種が終わったばかりというところです。コロナ病棟の医療者にもまだ接種が済んでいないような状況ですので、届けられるモデルナのワクチンは、次のグループである高齢者に加えて、まだまだ医療者へも優先的に接種が進められていくものと思います。

なお、私自身も明日接種の予定になっていますが、ファイザー とモデルナどちらのワクチンを接種するのかは知らされていません。
凄いスピードでワクチン接種が進んでいますね。
アメリカの新型コロナウイルスの対策はダメダメでしたが、ワクチンの開発とワクチン接種のスピードは素晴らしいです。
ワクチンが作られ、更には供給量も増えた。
高齢者だけではなく、感染リスクの高い人にも優先的に提供するという、合理的な形になっている。

ただ、ワクチンを摂取したからといってマスク無しで出歩きまくるぜ!とならないように、気をつけてほしい。
CDCの有識者委員会が、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種の優先順位を新たにまとめています。「医療従事者ら最優先のグループの次は、75歳以上の高齢者や、警察官や消防士、教師など社会基盤に関わり感染リスクが高い職種」とのこと。

業績