新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナでシングルマザー家庭の困窮は、本当にいきつくところまで行った感があります。政府が給付金の追加3万円を決定しましたが、今いちばん必要なのは年を越すための現金給付。毎月の養育費の不払いが少しでも改善されることは、子供の貧困率にも大きな影響があります。

海外では政府が立替払いをし、その後政府が不払いの親を追求して取り立てるシステムがあります。日本もそのような手段をとるかもしれません。

現在民事執行方が改正され、20年4月から「第三者からの情報取得手続き」が新設されました。

養育費を払わずに逃げても、裁判所が市町村、銀行、証券会社などに紹介して、勤務先、口座、運用先の開示を請求できるようになりました。

NHKの7万人調査でも「雇用に影響があったシングルマザーの30%が「食費を切り詰めている」と答えていました。「公共料金の未払いや滞納」「子どもに習い事や塾をやめさせる」と答えた人たちも、少なくありませんでした。」ということです。
AmazonのPrimビデオでマネーの天使というドラマを見ていて、養育費の未払いが思いの外多いことを知ってビックリした。具体的な数字は忘れたけど、決められた年齢まで完璧に払い続ける人は2割とかしかいなかった気が。

一方で家族の形や結婚感が変わったいま、離婚後の養育費がどうあるべきかも議論されていくべきだとは思う。社会も会わせて変化しないと。
養育費の不払い。少なくないようですので、ぜひ進めてほしいですね。
両親の離婚が原因でお子さんが金銭的にも辛い思いをするのは悲しいです。
養育費を払えるのに払わないケースも少なくないでしょうから、何らかのルール作りは必要だと思います。
払わない人の方が圧倒的に多いという養育費。強制執行すべき。親の幸せより子供の幸せを優先すべきだと思う。